黒い砂漠リマスター

黒い砂漠が始まります。

ゲームが開始されない場合は、黒い砂漠ランチャーをインストールしてください。

ゲーム開始のために、黒い砂漠ランチャーをインストールしてください。

インストール済みの場合、すぐにゲームが実行されます。
自動でランチャーが実行されない場合は、ランチャーを直接実行してください。

インストールガイド

1 ダウンロードしたBlackDesert_Installer_JP.exeを実行し、黒い砂漠ランチャーをインストールしてください。

2 インストール完了後にゲームを起動してください。

コミュニティ

議論掲示板
#クラス
伝承コルセア改善案(ソラレ視点)
2024.03.23 22:23
690 2
最近の修正日時 : 2024.03.24 00:20

伝承コルセアを使ってソラレの闘技場で遊んでいますが、使っていて明確に弱いと感じる点が多々あります。他に伝承コルセアを使っている人もほとんど見当たらず、プレイヤーからの声も挙がらないのかと思ったので意見を投稿します。

 

前提としてPvPはソラレの闘技場だけでしか遊んでいないため、RvRのような大規模戦は考慮されていません。

 

----------

 

伝承コルセアの特徴

 まずは、伝承コルセアの特徴となるはずの強い点と弱い点を挙げます。

  • 強い点

-マレカスキルを使うと5秒間キャッチ抵抗が50%も増加する

-伝承バフスキルで30秒間すべての抵抗が50%も増加する

-ガードゲージ減少効果を持つスキルを多く持っている

-伝承スキルを当てると5秒間のガードゲージ回復不可デバフを与えられる

 

  • 弱い点

-CCを安全に狙って当てにいける手段がないに等しい

-キャッチがない

 

上記のように、CCを与える機会が極端に少ない分、止められない攻撃を押し付けてガードゲージを減らしていくことでなんとかするというのが伝承コルセアの特徴となっている・・・と思うのですが、実際のところはその特徴が生かされることは少ないです。なぜそうなってしまっているのかを解説します。

 

-抵抗計算の仕様により普通にキャッチされる

ヌーベル補助武器を装備してマレカスキルを使えばPvPの最大抵抗値である80%には簡単に到達しますが、「エルカールの水晶」2つ、「真:名誉ある勇猛の水晶 - キャッチ抵抗無視」2つ、「時の精霊の水晶 - 貫通」2つ、これらの水晶を付けて握力増加を持っていると抵抗は0%になります。もちろん、キャッチ抵抗無視をここまで盛る人はいませんが、現環境では握力増加を持っている職はおよそ70〜80%?ぐらいの確率でキャッチが成功するので普通に狙ってきます。体感的には90%ぐらいはキャッチされています。

 

-隙だらけのマレカスキル

マレカスキルは速度の増減効果を受けない特殊なスキルですが、そもそもの攻撃速度が遅すぎるので、PvEでも他のスキルのCT解消待ちですることがない場合に使われる程度の優先度の低いスキルにもなってしまっています。特に「強:マレカ:クジラの夢」、「強:マレカ:海繁吹き」の2種は、打ち切るのに棒立ちで2秒程度かかる、途中でキャンセルができない、CCがない、人魚状態になって浮いて目立つ、といういかにも狙ってくれと言わんばかりの状態になるため、簡単に真正面から突っ込まれてキャッチされてしまいます。「強:マレカ:浪漫遊泳」「強:マレカ:夢幻の饗宴」は、SAや無敵の状態で移動してから攻撃できるので前の2スキルよりも狙われにくくはありますが、攻撃のタイミングが分かりやすく攻撃時のモーションもそれなりに長いため、こちらも分かっている人にはキャッチを狙われやすいです。そのため、本来はマレカスキルによってキャッチに強くなる設計となっているはずが、逆に絶好のキャッチ対象になるという悲しい状態になっています。

 

-ガードゲージ減少効果を持つスキルの多くが使いづらい

スキル数を挙げれば11個となり数自体は多いのですが、その性能の内訳は以下のようになっています。

 

マレカスキル(SAあり近・中距離攻撃):5個(1個は錬成スキルで選ばれない方なので実質4個)

SAあり近距離スキル:1個

FGあり近距離スキル:1個(動作が長く発生も遅く途中でキャンセルもできないのでめくられやすい)

防御効果なし近距離スキル:2個(使うタイミングを見極めないとすぐにダウンする)

部分的なSAあり遠距離スキル:1個(錬成スキルで使い勝手が悪いので選ぶかは好み)

防御効果なし遠距離スキル:1個(錬成スキルで一択だけどCTが20秒で照準が必要かつ範囲も狭い)

 

このように、マレカスキルを除くと気軽に使えるガードゲージ減少効果を持つスキルは1つだけで、実際にガードゲージを削るためにはマレカスキルに強く依存しています。そのマレカスキルも「強:マレカ:クジラの夢」、「強:マレカ:海繁吹き」の2種は範囲が広く当てやすいのですが前述したように隙が多いです。「強:マレカ:浪漫遊泳」「強:マレカ:夢幻の饗宴」の2種は範囲が若干狭く、発動からワンテンポ置いて攻撃判定が発生するため、出せば当たるようなスキルでもありません。そのため、スキル数は多いですがガードゲージ減少効果を与える機会はとても少ないです。

 

-ガードゲージ回復不可の時間が短くあまり影響がない

どの伝承スキルを当ててもガードゲージ回復不可になるなら対戦相手は一生ガードできなくなるのではと思ってしまうかもしれませんが、前述したように立ち回りの段階ではそれほどガードゲージは削れません。さらに、効果時間が5秒と短いため、たとえガードゲージをすべて削ったとしても戦線からちょっと離れて様子見をするだけで回復不可の効果が切れて10秒程度でほぼ元通りになってしまい、相手チームメンバーの負担は少しの間だけ増えますがこれだけで簡単に対処できてしまいます。

 

まとめ

現状の伝承コルセアは、「強みを活かしづらくCCもキャッチもない」というとても弱い立場となっています。CCやキャッチがないということは、攻撃の起点を取るのが味方任せになる、ダウンした味方を攻撃している相手のコンボカットができない、ということで味方二人にかける負担は大きくシャイと同等かそれ以上かと思います。

 

----------

 

そもそもガードゲージ回復不可状態にさせることが強いのか

-決め手にかける

相手がガード不可状態になったとしても、CCやダメージを与えやすくする状態となるだけです。そこから実際にCCやダメージを与える必要があり、相手も無敵やSAで耐えて逃げるということもできるため、ガードゲージ回復不可状態にさせてから手間隙をかけてガード不可状態にさせたところで、その行動自体は試合に勝つことへの足がかりにはなりますが決め手になりません。一方でキャッチや安定してCCを与える手段を豊富に持つ他職は、その行動自体が決め手となり得るため、伝承コルセアだけがゲームの展開速度に付いていけていないと言えます。

 

-ガード不可状態にしても自らCCを与えることが難しい

安定したCC付きスキルを持たない伝承コルセアは、ガード不可状態の相手にさえもCCを与えることが困難で味方に頼る必要があります。結局伝承コルセアができることは時間をかけて相手を少し弱体化させる程度のことで、勝敗に直接絡むような働きができません。

 

-対戦相手がガード不可状態になっているのか分からない

CCを与えると転んだりするので見た目で分かりやすいのですが、ガード不可状態になったことは見た目で分からず相手も動き続けるため、弱った相手を集中して狙うための指針になりません。

 

まとめ

機動力が低くガードに依存するような一部の職には効果的ではありますが、ガード不可状態にさせるまでに時間がかかり、ガード不可状態にさせても決め手にはならないことから、安定したCCスキルやキャッチの代わりに得る能力としては弱いと思います。

 

----------

 

改善案

キャッチに強くなるはずが逆に弱くなっているマレカスキルと、あまり強みとなっていないガードゲージ関連能力の改善案をいくつか挙げてみます。

 

  • マレカスキル使用時のキャッチに対する強化

(案1)

-伝承版マレカスキルのキャッチ抵抗+50%増加バフをキャッチ抵抗50%分を保証する形に変更する

絶対に50%以上の確率でキャッチが失敗することで、隙だらけのマレカスキルをキャッチしにくる相手のキャッチスキルを無駄にするリスクを与える案です。

 

(案2)

-伝承版マレカスキルのキャッチ抵抗+50%増加バフを状態抵抗の最大抵抗値を超えて適用する形に変更する

-伝承版マレカスキルの攻撃速度を2倍にする

キャッチ抵抗の上限に簡単に到達してしまうため、上限を超えて適用することでキャッチへの耐性を強化する形です。相手がキャッチ抵抗無視の水晶を積むことで、(案1)よりもキャッチされる確率は高くなりますが、マレカスキルの速度を上げることでキャッチが狙える時間を減らそうという案です。マレカスキルの速度を上げることでPvEでも使用する機会が増えるかと思います。

 

  • ガードゲージへのアプローチの変更

(案1)

-ガードゲージ回復不可にさせる状態とCCを与える状態を切り替えられるようにする

ガードゲージを回復不可にするという特徴を捨てて、他職と同じぐらいのCCを与える手段を持ってしまおうという安直な考えです。「強:カラスの家宝」と選択制とするパッシブスキルを追加して、そちらを選択することでいくつかのスキルのCCがプレイヤーにも適用され、いくつかの防御効果のないCCスキルに防御効果が適用されるようにすればいいと思います。「強:カラスの家宝」にあるタイドスタンプとキスオンザビーチの範囲増加は「伝承:ウェーブアリア」の強化スキルに含めてしまって問題ないかと思います。

 

(案2)

長いので4点に分割しての説明になります。

-ガード不可状態となった場合に防御判定エフェクトのようなガード不可マークを表示する

システム的な変更になりますが必須項目かと思います。防御判定エフェクトはソラレの練習モードでしか表示されませんので、CCにかかった状態と同じように常に視覚的にはっきりと分かる変更が必要です。

 

-「強:カラスの家宝」のガードゲージ回復不可デバフを、10秒間のガードゲージの回復速度75%減少デバフに変更する

-マレカスキル以外のガードゲージを減少させる効果をすべて削除する

-「強:カラスの家宝」にマレカスキルを除いたスキルでの打撃成功時に対象のガードゲージを5%程度減少させる効果を追加する

デバフ効果をガードゲージ回復不可から回復速度減少にすることでデバフ効果自体は弱まりますが、立ち回りでガードゲージ減少効果を与える機会を増やします。減少量を少量にすることで短いスパンで複数回当てる必要性があるため、プレイヤーの技量が問われる部分になればと思います。また、デバフの時間を10秒としたのは、ガードゲージが0になって5秒間のガード回復不可デバフがかかった後に、戦線を離脱してガードゲージ回復を待つ相手の復帰を少しでも遅らせるためです。

 

-「強:カラスの家宝」に無防備な状態の相手への打撃成功時にガードゲージを0にする効果を追加する

CCを与える機会の少ない伝承コルセアですが、その代わりとして隙を突ければ何を当てても一瞬で相手のガードゲージを0にできるようにすることで、CCを与えることよりも弱いですが試合への影響力を強めることができるかと思います。

 

-「強:カラスの家宝」にガードゲージが0の相手への打撃成功時に立ち状態のCCを与える効果を追加する

伝承コルセアは立ち状態のCCを与えてもそこからダウンさせるには防御効果のないスキルを使う必要があるというリスクもあるため、手間隙をかけてガードゲージを0にすることに成功したうえで相手の隙を突ければそれぐらいはあってもいいんじゃないかという希望です。

 

まとめ

とりあえず思いついた案を挙げましたが、その通りでなくても良いので「キャッチに強くない」「ガードゲージに対する効果がCCやキャッチがないことの代替になっていない」という2点をなんとかしてほしいです。

 

----------

 

その他意見要望など

 

-伝承コルセアでできる動きの多くが覚醒コルセアでもできてしまう

伝承を選択することで、スキルに防御効果が付いたり連携ができるようになるなどの細かな変更はありますが、スキルの動作や性能が大幅に変わったり、伝承特有の戦闘システムが追加されたりするなど、一見してすぐに分かるような変更がありません。そのため、覚醒を選択すると伝承スキルにしかない防御効果などは覚醒スキルによって補完可能で、さらに覚醒にはCCを与える手段が多くあります。これができるのは伝承だけという事項は「ガードゲージ回復不可状態にできる」という一点だけになってしまっているので、伝承スキルにはもっと大きな変化がほしいです。

 

-「マレカ:浪漫遊泳」が伝承版の「強:マレカ:浪漫遊泳」になると移動が終わってから攻撃発動までに時間がかかるようになっている

スキルの移動速度自体は伝承版のほうが速いのですが、停止してから攻撃発動までの時間がなぜかワンテンポ遅れます。SAのあるCCスキルではあるので意図的な調整なのかもしれませんが、できれば通常版と同じにしてほしいです。

 

-「フォーリンウェーブ」が伝承版の「強:フォーリンウェーブ」になるとジャンプして頂点に移動してから落下するまでに時間がかかるようになっている

通常版の剣を打ち下ろす動作から水球を叩きつける動作に変わっているためか、若干ですが落ち始めるのが遅いため、できれば通常版と同じにしてほしいです。

 

-「海の気まぐれ」から連携して使う「強:船長の命令:開始!」の発動できるタイミングが遅い

「海の気まぐれ」から連携すると即時発動はするのですが、「海の気まぐれ」を途中でキャンセルできず、着地して下がりきってからの発動となりとても使い勝手が悪いため、着地した段階で発動できるようにしてほしいです。

 

-「伝承:コンボ:波乗り」の意味がない

「コンボ:波乗り」ではライディングウェーブとシルキーウェーブ使用中に発動という説明で、「伝承:コンボ:波乗り」になって他のスキルを使用中に発動が追加となっているはずが、「コンボ:波乗り」の時点で覚醒スキルも含めた他のスキルを使用中に発動できるため、「伝承:コンボ:波乗り」が追加された意味がありません。要求持久力や再使用待機時間を減らすといった利点がほしいです。

 

-ビッグウェーブのダメージを最大限に出すことが難しい

叩きつける最終打撃部分よりも移動中の1打撃目のほうがダメージの配分が高く、対象をめくるように使えばフルヒットさせることもできますが、適切な位置に着いてから使うことが手間となるため、ダメージの8割ぐらいを最終打撃に配分してほしいです。

 

-PvPダメージが伝承版のほうが低いスキルがある

「強:海の気まぐれ IV」と「強:ルートツイスト」の2スキルが該当しています。他職でのPvPに詳しくないため、そういうスキルもあるものだということであればいいのですが気になりました。

 

-「マレカ:ロマンクジラ」にガードゲージ減少効果がない

マレカスキルなのに錬成スキルであるためにガードゲージ減少効果がないのかと思いきや、別の選択候補である「マレカ:夢幻遊泳」にはガードゲージ減少効果があるため、こちらにも付けてほしいです。

 

-「マレカのロープ」で覚醒コルセアでのみ使える空中跳躍を伝承コルセアでも使いたい

「強:フォーリンウェーブ」の使用中に「ビッグウェーブ」を使うことで、「ビッグウェーブ」を当てるための距離を稼いだり、中距離にある段差を登ったりすることができますが、「強:フォーリンウェーブ」の最終打撃部分を出さないため、ダメージとガードゲージ減少効果を捨てなければなりません。「マレカのロープ」で空中跳躍ができれば代替にできるので伝承コルセアでも使いたいです。(マレカを強化したはずの伝承コルセアなのに、マレカのロープで覚醒でしかできない行動があるのはおかしくないですか?)

 

-アクアクロス、荒波斬り、波連斬、波連襲来のモーションが酷似している

この4種のスキルは武器を左右どちらかにぶんぶん振るだけで見た目がそっくりなので変えてほしいです。

 

-シールウェーブに伝承版はないのですか

謎の途切れた線がずっと気になっています。

 

----------

 

以上です。



議論掲示板

黒い砂漠コンテンツについて意見を交わすことができる議論掲示板です。

投稿は1万個単位で検索されます。