ニュース

GMノート [GMノート] <ハイデル宴会 AT HOME> After Q&A Part.5
黒い砂漠 2020-07-14 18:00
コメント0

 

皆様、お元気ですか!

 

前回の<ハイデル宴会 AT HOME> After Q&A Part.4は御覧いただけましたでしょうか!様々なご質問がありましたね!
Q&Aはこれまで約1か月間実施されてきましたが、なんと<ハイデル宴会 AT HOME> After Q&Aは今回が最後になります。

 

それでは、今回も冒険者様から送っていただきました質問にお答えしていきます。

<ハイデル宴会AT HOME> After Q&A Part.5 を今から開始いたします。

Q. 現在、シャイは他のクラスたちに比べ、スキルポイントが非常にたくさん余ります。シャイのスキルを追加する計画はありますでしょうか?

 

A. シャイは戦闘に主力するキャラクターではないので、最初からスキルポイントにストレスを受けないように設計されました。

まだ、新しいスキルについては、議論しておりませんが、シャイだけのためのもしくはシャイに相応しいスキルへのアイデアはいつもオープンマインドの姿勢を維持しております。

 

Q. 黒狼のAI及びアニメーションを改善したり、再検討する意向はありますでしょうか?

キャラクターの特性上、これは非常に重要な部分を占めておりますが、戦闘では少し異常な行動を起こします。

レベル50になるとリトルサマナーは黒狼に搭乗することができ、戦闘と移動の全てを共にできるようになります。このような部分は非常に楽しいし、特別なデザインですが、長い間、改善されていないようです。黒狼が改善できるように検討していただけますでしょうか?

 

A. 黒狼に関する改善要望もたくさんの質問のうちの1つでした。

実は、黒狼は過去数年間たくさんの変化を経た神獣です。黒狼吸収の際、消えないように変更したり、召喚時、リトルサマナーが攻撃を受けるとすぐ反撃ができるようにもしたし、HPも大幅に上昇しました。

これからも黒狼については必ず戦闘で更に良い方向に改善していくというアプローチよりは、より黒狼は様々な点で活用できる方向として悩み、適用したいと思います。黒狼に関する良い意見がございましたら、公式ホームページを通じていつでも問い合わせいただきますと必ず検討することをお約束いたします。

 

Q. シャイの膝が服を貫通して表示されます。

 

A. 実は、今回……シャイの膝の質問が多くありとても驚きましたし、申し訳ございませんでした。

すぐ返事ができなかったのはどうしても方法を見つけ、良いお知らせをお届けしたかったためとなりますが、残念ながら現在の構造では該当の現象を解決することが難しいという結論に辿り着きました。

お待ちいただいておりました方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかしながら、引き続き解決方法を探してみます。

 

Q. 砂漠迷彩服、エント迷彩服の迷彩機能を削除する考えはありませんか?迷彩服が特定キャラクターに有利に作用し、PvPユーザーなら半強制的に着用しなければならないため、パール衣装を様々に着ることができません。

 

A. 迷彩服の場合、今やプレイの中の一つの領域のため、これを削除することはできないと思います。

逆に照明弾、ペイントタブレット、シャイのスキルなど (非常に簡単ではない形の) 様々な方法を通じて、確認できる手段を増やしてきましたし、これからもこのような方針で検討してみます。

なお、既に適用された占領戦のように特定コンテンツに限っては全て同様な条件になれる方向も一緒に考慮していきたいと思います。

 

Q. 黒い砂漠が2014年にサービス開始以降、長い間、共に黒い砂漠を楽しんでいただきましたユーザーの方々がたくさんいます。

長い間、楽しんでいただきましたぶん、キャラクターに投資もたくさんしていただき、レベルも高く、バッグも拡張し、重量も高い方々はたくさんいると思います。

ところが、新しいキャラクターのリリースと伝承の登場、そしてバランス調整などで既存のユーザーたちがアップデートを行うたび、自分がプレイしているキャラクターがナーフ、その他のクラスと比較し弱くなるのではないかたくさん心配していることと知っております。

そして、実際にナーフされてしまいプレイが不満をもってしまい引退することもたまに見受けられます。

そのため、この質問をさせていただきました。

もしかして、海外サーバーでリリースした経験値移転券が私たち韓国のサーバーにもリリースする可能性はあるのでしょうか?過去、武器変更券の場合、一時的の販売であったのが常時販売に変わったことと知っております。もし、経験値移転券もそういう可能性があるのでしょうか?気になります。教えてください!

 

A. 何週間前、オープンしたカラスの巣-不滅の奈落のコンテンツを通じて該当アイテムを獲得できる方案を準備しております。グローバルの場合にも7月中にアップデートされる予定です。

今回の質問以外にもキャラクター戦闘経験値+スキル経験値移転券は販売への要望が多い方ですが、この部分も前向きに検討してみます。

 

Q. 調教コンテンツがただ非人気コンテンツに転落してしまい、多くのユーザーに無関心のコンテンツになってしまった分、調教レベルと熟練度による特典を上方調整していただけると嬉しいです。

 

A. 共感する部分です。調教を楽しむ方々がもっと面白く、そして、他の方々とは別の役割を果たすことができるように様々な方法を工夫していきたいと思います。最高の調教師が馬を育成すると馬がもっと成長できたりとか、更に特異なスキルを教えられたりなどがあると思います。

 

Q. 皇室競売の再オープンが予定されているか知りたいです。

 

A. 昔、アドゥアナートナイトメアから皇室荷車象まで……結構素晴らしいものが多かったので、いろんな冒険者の方々から愛されたと記憶しております。その後、具体的なオープン計画はありませんが、武器交換券やプレミアムパッケージ、そして、さきほど質問に出てきました経験値移転券など希少価値があるアイテムを皇室競売を通じて獲得できる方案は現在検討しております。

 

Q. 運営陣様たちも強化をしていますか?もし、しましたら、真Ⅰ~真Ⅴをそれぞれ幾つのスタックに強化するのをお勧めしますか? (はっきりおっしゃってください。確率ではないでしょう!!?)

 

A. はっきり申し上げますと表示される確率以外、他の要素はありません。

 

Q. かなり悩んでみましたが、私は「ハウジングコンテンツ」改編について質問させていただきます。
とりあえず、黒い砂漠の多くのユーザーたちが明確に「区分のない住居地」で主に家具ハウジングアイテムなどを設置し、現在のハウジングコンテンツを楽しむより「仕方なく」貢献度を消費して住居地を購入し、それ以降には錬金道具や料理道具を非常に乱雑に設置して「必要によって仕方なく」という非常に乱雑な環境を作っています。

実は住居地というよりも作業をする「倉庫」という概念が似ていると思います。

私はこのハウジングの改編について、アイデアを少し出したいと思いますが、どうやら全てのユーザーではないが、多くのユーザーたちが住居地を倉庫の概念として使っているため、明確な住居空間があったらと思います。「独自の住居施設」を別の一か所に集め、シルバー又はパールを通じて購入をすること、もしくは「個人領地」概念のシステムを作っていただければと思います。

個人領地で「家庭菜園」、即ちよくしている栽培コンテンツ、そして領地に入場すると家内の各キャラクターたち、メイドたち、ペットなどを見ることができる方向で作っていただきたいと思います。

なお、独自の住居施設又は個人領地で友達及びギルドメンバー、つまり、知人たちと一緒に時間を過ごせるミニゲームも作っていただければと思います。(例えば、カードゲーム、ミニモノポリーなど)

現在、存在するオンラインゲームの内、グラフィック部分において、一番最上だと呼ぶことができる黒い砂漠にこのようなハウジング(又は個人領地)システムがちゃんと追加されたら、更に楽しくプレイができると思います。ありがとうございます。

 

A. 様々なアイデア出していただき、ありがとうございます。ハウジングへの大きな変化は現在まで、具体的な計画はまだ決まっておりませんが、私たちも改善への意志はあります。

カーマスリビアの家を見ると大きくて派手に作られましたが、既存の倉庫のような感じというより、派手に作られた私だけの家になってほしいという私たちの意図がたくさん入っております。

これからはこのような家をもっと多く作るために努めて参ります。

なお、個人領地は……結構昔から内部で話し合ったアイデアの1つとなるため、並々ならぬ情熱を感じますが……実は廃棄された事案であるものの、変わらず開発意志は残っています。

今回をきっかけとしてもう一度内部で議論していきたいと思います。

 

Q. ハウジングが趣味ですが、現在、1つのアカウントで借りられる住居が5か所までなので、アップデートなどによって、街や村が追加されても、追加で住居を借りることはできません。

できれば、借りることができる住居を増やしていただけませんか?

 

A. 住居地の最大個数も要望が多かったので、様々な方案を議論中です。パール商店で拡張券を販売したり、ゲーム内で特定条件を完了するともっと増やすことができるようにしたりする方式です。

 

Q. 知識と依頼進行中に出てくるセリフで黒い砂漠の世界観を類推していくことが黒い砂漠の面白さのうちの1つだと思います。

しかし、ミスでRを押して読み飛ばしたり、以前にクリアした依頼のセリフを忘れてしまい、新しいストーリーや依頼が実装されてもちゃんと楽しむことができませんでした。

依頼セリフ集のようなものを作る計画はありますでしょうか?

 

A. 私たちは2018年12月から今までバレノス – セレンディア – カルフェオン – メディア – カーマスリビアのメイン依頼のストーリーリニューアルを進行してきました。

特に、リニューアル以降からストーリーへの関心度が高くなり、たくさんの方々が演出強化、スキップした話の集め、カットシーンをもう一度見るなどを望んでおりますが、私たちもこの部分を更に強化していきたいと思います。

質問していただきましたセリフ集とは少し異なる方向かもしれませんが、ストーリーをもっとよく理解できる手段たちを設け、1つずつ公開できるように努めて参ります。

 

Q. アップデートノートで、言及しました伝承、覚醒を超える超覚醒について、進捗状況が気になります。

 

A. 伝承と覚醒を超える「超覚醒」の概念というより、現在、伝承と覚醒を更に面白く楽しんでいただけるよう両方とも拡張する方向で検討しております。

 

Q. 現在、収集された称号が一定の数に達すると能力ボーナスのようなものがありますが、少し無駄な印象を受けます。

新しく追加もしくは調整する考えはありませんか?それとも特定称号が一定の数量に達すると関連能力ボーナスを追加していただけないでしょうか。

 

A. 黒い砂漠の称号は過度に多く作られておりますが、その理由は冒険者の皆様の個性を表出してくれる重要な手段であり、自慢の要素であるからです。

そのため、この称号は効果を付与し強制して獲得してもらうものではなく、各個人で欲しいと思うもの対し、獲得するための目標を与えるといった些細なコンテンツとして方針を決めております。

称号はこれからもこのような形で運営する予定であり、能力ボーナスを加え、必ずやらなければならないコンテンツとして変更する予定はありません。

 

Q. パーティーで狩りするモンスターはモンスターごとにほとんど家具がありますが、オオクジラのみ家具がありません。もしかして、オオクジラ家具はアップデートされないのか気になります。

なお、オオクジラ狩り時、熟練度は適用されないそうですが、長い間、オオクジラを狩りしてきた友人の話では、熟練度に影響されている気がするそうです。

 

A. 残念ながらオオクジラ家具はまだ制作したことがありません。しかし返事を書きながら、もう一度考えてみると、作らない理由もないと思います。良いお知らせを届けることができるように努めて参ります。

なお、オオクジラの場合、採集には熟練度が適用されません。これからもこのような気になる点などがありましたら、いつでも気軽に公式ホームページに問い合わせしていただきますと誠実にご返事いたします。

 

Q. 大洋の時代の時、教えていただきましたカラスの巣の中に家及び潜水服はいつ実装されますか?

 

A. カラスの巣は商人であるパトリジオが自分の富を示すためであり、現在のところ該当の島に住宅が追加される予定はありません。おそらく、パトリジオが許可しないと思います。

そして、潜水服は具体的に進行はされておりますが、潜水と海洋コンテンツが同時にアップデートされることに意味があると思い、しばらくの間倉庫に保管した状態です。

新しい大洋コンテンツがアップデートされる時、おそらく潜水服も一緒に実装されると予想しております。

 

Q. 世界的な流行病のため毎週アップデートを行うことが難しいですか?

Q. 新型コロナウイルス感染症のため、多くの企業たちが一つの空間で仕事することが難しいと思いますが、現在、パールアビスの開発者たちは家でゲームをアップデートしますか?

もし、そうでしたら、1つの空間で仕事するより個別的に家で仕事することが更に早いですか?

 

A. 「私たちは徹底的な防疫と……」 あっ、マスクを着けていると、きちんと話が伝わらないかもしれないので、急いで外しました。

ゲーム開発は多くの人々が協力することで、成し遂げることができるので、各個人が在宅で仕事するより、皆で集まり、一緒に仕事することが遥かに効率が高くなります。

そのため出社の時、消毒及び発熱チェック、マスク使用及び在宅が可能な方は在宅で勤務することで感染拡大しないよう最善を尽くしております。

これらは全世界の黒い砂漠の冒険者の皆様に毎週面白いアップデートを公開することを最優先にしているからです。私たちだけではなく、みんなが辛い時期を経ている分、冒険者の皆様、みんな頑張って一緒に乗り越えていきましょう。

 

Q. ドリガンにもっと多くの依頼を作っていただけますでしょうか。

 

A. 実は、ドリガンには極秘で準備している依頼があります。少しだけ申し上げますと、非常に凄絶な人物の話になると思います。

 

Q. 黒い砂漠にもう少しスペクタクルで、映画のようにドラマチックなメイン依頼があったらと思います。メイン依頼をすることが更に面白くなると思います。

 

A. 黒い砂漠はメイン依頼を全体的に改編しながら、更に劇的なストーリーと自然な演出として公開したことがあります。

シネマティックカットシーンの場合、リソースが非常に大きくかかる関係で、制作することが容易ではございませんが、少しづつ改良する努力しており、1つでも多く追加できるように最善を尽くしております。

そして現在は、バレンシアのメイン依頼のリニューアルを予定しております。冒険者様が更に面白い依頼を楽しむことができるように最善を尽くします。

 

Q. 黒い砂漠にもう少しスペクタクルで、映画のようにドラマチックなメイン依頼があったらと思います。メイン依頼をすることが更に面白くなると思います。

 

A. 黒い砂漠はメイン依頼を全体的に改編しながら、更に劇的なストーリーと自然な演出として公開したことがあります。

シネマティックカットシーンの場合、リソースが非常に大きくかかる関係で、制作することが容易ではございませんが、少しづつ改良する努力しており、1つでも多く追加できるように最善を尽くしております。

そして現在は、バレンシアのメイン依頼のリニューアルを予定しております。冒険者様が更に面白い依頼を楽しむことができるように最善を尽くします。

 

Q. NPCとの親密度が上昇すると攻撃力や防御力のバフを受けるのがありましたが、これにとどまらず、親密度を更に上昇させたら、受けるバフの効果がもっと大きくなれるようにしていただけますでしょうか?

 

A. このご要望もあまり皆様を強制的にさせない路線で拡張してみます。

 

Q. 黒い砂漠の世界に関して質問します。

黒い砂漠の世界観は、私を夢中にさせたものであり、新しい知識コンテンツが公開されることを楽しみにしております。

イレズラと関わったストーリーの続編やカルフェオンの島に来た後、カーンと呼ばれることになる小さなモンスターと宝物を入れておき、去った侵略者たちが誰だったかといったストーリーなどです。

 

A. イレズラは多くのものがベールに包まれている非常に重要な人物です。そのため、今この場でお話できることは、これからも着実に登場することになるということだけお伝えします。

なお、カーンについての続編は新しい知識やストーリー依頼などを通じて拡張される予定です。

 

Q. ゲーム内に季節などを導入の計画はありますでしょうか?季節によって、天気も変わるようにということです。

 

A. あっ……!黒い砂漠は既に季節に合わせて変化しております。春には桜とチューリップが、夏にはテルミアンの海辺が、秋にはハロウィンに合わせてぞっとする雰囲気が、そして冬には雪が降ったり、クリスマスにはクロン爺さんがプレゼントを落としたりもします。

上記以外にもっと公開できるものがあるか引き続き検討してみます。今は更に綺麗な夜空の具体案について、アイデアを出して議論している状態です。

 

Q. バックアタック、キャッチのような新しい仕組みを追加することを検討していますか?

 

A. 前回のスキルの新しい仕組みに対する追加への返事の延長線だと思いますが、戦闘の新しい要素追加によって新鮮さを与えることができますが、それによる難易度上昇は不可避だと思います。

もちろん、全てのアイデアに対して、オープンマインドの姿勢ではございますが、非常に大きな変化を与える場合もありますので、とても慎重に見ております。

新しい仕組みについては、内部でもまだ論ずる時期ではないと判断しており、様々な手段やその周辺環境などを通じて、現在の仕組みだけでも新鮮で、面白く楽しむことができる方案を研究します。

 

Q. 性向システムは修正される計画はありますでしょうか?他のユーザーの性向値を下落させるなど、相手をいじめるユーザーに何のペナルティーも適用されないのは不公平だと思います。

 

A. 性向システムへの意見は国家ごとに少しずつ差がありますが、相手が強制攻撃をするように誘導する行為については、注意深く見ております。

特にこの部分は現在性向システムを逆で利用し、「他の冒険者をいじめる行為」として判断できるかということが重要だと思うのため、継続的に確認し必ず改善が必要だと判断される場合には、合理的な方案を考慮してみます。

 

Q. 私はゲーム内で、動きながら、あっちやこっちに登ったりして探検することが好きです。

もし、道路から外れて、冒険を楽しむプレイヤーたちのための報酬システムを考慮してみたことがありますか?

例えば、場所に基づいた知識増加などの方法があると思います。より多くのプレイヤーたちが毎日繰り返される日常から離れ、ゲームの美しい環境を見まわることができたらと思います。

 

A. 私たちも黒い砂漠ワールドを拡張する時、探検して楽しむ部分を非常に重要に思っております。意見していただきましたように現在の知識システムをもう少し拡張して探検と冒険の気分を更に出せるようにすることは、必ず考慮できるようにいたします。

少しヒントを出しますと幼い頃、非常に楽しく遊んでいた宝探しに基づいたコンテンツを構想しております。

 

Q. GMが直接操作するイベントボスが追加される予定はありますでしょうか?

 

A. はい。引き続き追加される予定です。たくさんのご期待お願いします。

 

Q. 黒い砂漠VRバージョンは開発されていますか? Oculusを通じて、この広々とした世界を探検すると本当に楽しい経験になりそうです!

 

A. Oculusが最初公開された時、黒い砂漠も追加開発して駆動ができるように作ったことがあります。

当時は世界的に雰囲気が活発な段階ではなかったので、ゲーム開発に更に集中するために拡張を行ってはいませんでした。今後VRが一般化され、本当にたくさんの冒険者の方々がこれをお望みでしたら、開発しない理由はないと思っております。

 

Q. 黒い砂漠の開発中、一番難しかった点は何でしょうか? (開発者として開発者にする質問)

 

A. いつも全ての開発に最善を尽くしておりますが、個人的に一番難しい部分を選びますと……サービスと開発を並行する過程だと思います。

新規コンテンツを開発すると同時に不具合修正や全世界で発生している不具合管理など同時に複数進行していると、一人でももしくは一瞬でも間違った判断をしてしまうと冒険者の方々を失望させることになる場合もありますので、いつも緊張しなければならないからです。

毎週のアップデートでは、1つも簡単なことはありませんが、それ以上に私たちのゲームを楽しんでいただき、愛してくださる方々がもっと満足できるアップデートを作り出して、楽しい変化と発展を導き出そうと目標があるからこそ乗り越えられると思います。

 

いつも謙遜な気持ちで、これからも更に拍車をかけ、楽しく面白い黒い砂漠となるよう最善を尽くしていきたいと思います。今後も宜しくお願いします。

 

<ハイデル宴会 AT HOME> After Q&A Part.5はいかがでしたか?

これまでのQ&Aが皆様にとって有意義な時間となったことを願うとともに、ご参加していただきました冒険者の皆様には改めてお礼申し上げます。

まだ、お伝えすることができなかった内容につきましては、今後機会を改めてアップデートノートにてご案内いたしますので、何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

コメント 0
top