ニュース

GMノート [GMノート] <ハイデル宴会 AT HOME> After Q&A Part.1
黒い砂漠 2020-06-15 15:10
コメント1

 

皆様お元気ですか!

 

冒険者の皆様、お待たせしました。

<ハイデル宴会AT HOME>を通じて、ご回答させていただきましたQ&A整理およ   

時間の都合により、ご回答できなかったグローバルQ&A関しての回答本日いたします!  

   

全世界の各地で非常にたくさんの冒険者の皆様から大切な質問をいただきましたので   

一度に全ての質問へのお答えができない点について、ご了承お願い致します。(_ _)  

   

もし、今回冒険者様から送っていただきました質問が記載されていない場合でも、少々お待ちください!   

ペンジーはグローバルQ&Aと共に冒険者の皆様を訪ねる予定です♬  

   

それでは<ハイデル宴会AT HOME> After Q&A,  

から開始いたします

 

Q.韓国のユーザーと北ヨーロッパユーザーの間でキャラクターバランスに対する考え方が違うようです。もちろん文化が異なるので考えの違いは当然ですが。 韓国以外の地域ユーザーのバランス意見もまとめてほしいです。 

 

A.黒い砂漠は世界中でサービスをおこない、様々な地域の冒険者の方々からフィードバックをいただいています。そのため地域ごとにコンボや狩りのスタイルが異なる場合が多いです。機会があれば、各国におけるPvPを熟知している人たちが集まって討論する場を設けたり、イベント大会などを進行しフィードバックをいただくなど、各地域の冒険者の皆様が思っている内容をもとにバランス調整をおこなうなど検討をしてみます。  これは<ハイデル宴会AT HOME>で発表した内容の延長線でもありますが、近いうち、このような場を設けることができるように努力します。

 

Q.レンジャーのスキル使用時、少しでも地形に高低差があるとスキルが使い物にならない場合がありますが、解決不可能なのでしょうか。 

 

A.高低差がある場合、解決することが難しい問題です。私たちはこの問題を解決するために長い間、様々にトライしてみましたが解決に至りませんでした。しかしながら最近、これをある程度解消できるような方法を見つけることができました。  100%完璧な解決策とは言えませんが、今までより遥かに改善された形になると期待しております。適用には構造を少し変更しなければならない部分がありますので、6月以降に改善できればと考えております。

 

Q.韓国サーバーのマイレージ改編はいつ実施されますか。 改編の方向性も教えてください。

 

A.6月中に新規オープンされる予定です。新しい商品構成と価値算定を通じて、冒険者の皆様にできるだけ早く公開できるように準備します。マイレージポイントの場合、パール商店ではなく、ゲーム内で獲得できるように進行する予定です。

 

Q.巨像のリングは何故何のニュースもないのですか。

 

A.巨商のリングは先日<ハイデル宴会AT HOME>を通じて案内したように、取引所の手数料を一定パーセント減らす家バフの形として開発しております。今後冒険者の皆様に公開できるように努めて参ります。

 

Q.伝承と覚醒を自由に使えるように、スキルプリセットやUI保存機能があるとうれしいです。

 

A.新しいスキルウィンドウの作業が今仕上げの段階にあります。既存スキルウィンドウはスキルレベルが全部羅列されていた方式のため、見ると不便だと思われますが、新しいスキルウィンドウはスキルレベル段階が一つに統合されたツリーの形に変更され、今までよりは更に見やすく改善されると予想されます。 その際にはスキルのプリセットも一緒に提供される予定であり、プリセットにはスキル特化まで全て保存される予定です。   新しいスキルウィンドウはもうすぐ黒い砂漠研究所を通じて、アップデートされます。この部分もUI 改編のため、最初には違和感を感じるかもしれませんが、アップデート以降使ってみていただき、たくさんのフィードバックをよろしくお願いいたします。できる限り皆様のご意見を参考にして、冒険者の皆様が便利で、使いやすいよう実装したいと考えております。

 

Q.調練コンテンツが改善されればなと思っています。 幻想馬をトライする時にも装備強化のように確率を表記してもらうとか、ヴォルクスの助言が使える機能が入ってほしいです。またシルバーさえあれば良いといったわけではなく、調練レベルと熟練度によって捕獲可能な搭乗物が新しくできるとうれしいです。  

 

A.幻想馬の確率表記は今後の定期メンテナンスの際、アップデートされる予定です。ただし幻想馬の挑戦にヴォルクスの助言が使用できるようには作りません。 新しい調教コンテンツとしては<ハイデル宴会AT HOME>を通じて、公開した終末の月グランプリを準備しておりますが、新しい競走馬と共に新しい馬を育成し、収集していく過程の面白さが加わるように努めて参ります。

 

Q.オオクジラやカルクのような狩猟コンテンツの拡張計画はありますか?また、ボスの狩猟時に獲得するアイテムの用途が改編されたり、全般的な狩猟コンテンツが改編されるとうれしいです。

 

A.新しい狩猟モンスターを準備しております。これはボス等級ではありませんが、一種の希少なモンスターを狩猟する過程で、追跡・発見と狩りをすべきである狩人としての楽しさを得ることができる形になれるよう開発しております。

 

Q.65レベルや66レベルのユーザーに特別な報酬を与えたり、生活に集中するユーザーのために生活等級に応じた報酬/イベントを追加する計画はありますか。

 

A.実は、私たちが60レベル以降に大きな報酬を入れてなかった理由として冒険者の皆様にレベルアップへの負担を減らしてほしいと思ったからです。レベルによって、キャラクターが強くなれる手段を60レベルのまでに殆ど入れたことも同様の理由となります。現在も60レベル以降は更に強くなったといった感覚を与えるようなレベルアップではなく、挑戦または勲章としてのレベルアップとしてご用意しております。しかしながら、もう66レベルまで到達するとは…6月8日月曜日を基準として51人(韓国 17人 / 台湾 14人 / 日本 7人 / ロシア 6人 / タイ 1人 / 北米&欧州 6人)もいらっしゃいますね。本当にすごいと思います。この冒険者の方々のために追加名誉の報酬を準備いたします。 生活レベル達成による追加報酬はまだ具体的に検討している項目はございませんが、やはり似たような形で名誉を差し上げる方向として検討してみます。ただし形のある報酬がすぐに準備されたりといったことはございません。

 

Q. 皇室納品報酬における新しい方向性と代案はいつアップデートされますか?

A. 新しい皇室納品印章を作ります。現在、冒険者の方々の黒い砂漠プレイパターンは過去と比べた際に、多くの変化がございました。そのため新しい印章も変更されたプレイパターンと現在の流れに合わせて、様々な物を交換できるようにすることを目標としています。この部分も今後冒険者の皆様に公開できるように努めて参ります。

 

Q. 他の生活コンテンツが追加される計画はありますか?

 

A. 現在としては新規生活コンテンツが追加される計画はございません。新しい形のコンテンツよりも<ハイデル宴会AT HOME>を通じて、公開した終末の月グランプリのように既存コンテンツの拡張もしくは補強がもっと重要だと考えています。新しい形は既存のコンテンツの面白さや深さをもっと追及した後、改めて検討します。

 

Q. 貿易のような人気のない生活コンテンツに対する改善計画は立てられていますか。 貿易は他の生活コンテンツより儲からず淘汰されており、他のコンテンツとの競争力もありません。

 

A.前質問に上がった内容同様となりますが、貿易は労働者貿易といって労働者を商団化し、カルフェオンとバレンシアを行き来する貿易方式とか、大洋の物々交換方式を借用して改善しようと試みましたが結果として全部廃止されました。 

結局貿易は現在の貿易から発展するこそ意味があるという結論に辿り着きました。そのため既存の貿易の形維持し、もう少し面白くて、意味のある報酬になれるよう議論しております。現在はアイデア収集の段階ですが、方向が決まり、開発が始まると開発者ノートしくはGMノートを通じて公開できるようにいたします。  
貿易について、皆様からの多くのご意見お待ちしております。よろしくおいいたします 

 

Q. ギルド権限が追加される予定はありますか? 現在悪意を持ってギルドを削除させたり悪用するユーザーがたくさんいます。 このような内容に対し、改善プランがあるのか気になります。

 

A. 誰かが悪意を持ってギルドに被害を与える状況は、非常に心が痛むし、やる気が削がれる行為であり、ギルド隊長や副隊長の立場から見ると悔しいと思いますが、システム的には完璧に防ぐことは難しいと思います。

その代わりにこれらに対して、できる限り未然に防ぐことができるようにギルド職責を多様化し、細分化しようとします。職責を細分化できるとギルド隊長からはギルドメンバーたちに必要な役割を慎重に分配することができるため、現在のような状況が更に減っていくと思います。できる限り、早く冒険者の皆様に公開できるように努めて参ります。

 

Q. 現在拠点/占領戦に参加するギルド数が少なすぎます。 特に、傭兵システムが導入されてからは傭兵は増え、参加ギルド数は減っているので、いつ改善されるか知りたいです。特に、第1段階の拠点も大変ですが、このような問題の解決策はあるのでしょうか。

 

A. 現在、私たちは拠点戦の改修を検討し準備しております。<ハイデル宴会AT HOME>から発表したことのように拠点を一つずつ占領していく一種の陣取りゲームのような感じで、構想しています。しかし、改修される前までは、現在の拠点/占領戦の改善は引き続き進行する予定です。特に戦場の英雄については、全面見直す予定であり、占領戦時、HPが大きく増加するバフ効果についても調整を検討しています。現在、拠点/占領戦に否定的な影響を与えるものたちから一つずつ改善できるよう努めて参ります。

 

Q. 作曲により多くの機能を追加したり改善する予定はありますか。 楽譜を作成するのが、とても不便なので改善してほしいです。 またMIDIファイルやMMLファイルにアップロードできるといいですね。 追加で楽器もアップデート予定なのか知りたいです。

 

A. まず、作曲のコンテンツを楽しんでいただいている冒険者の方々にお礼を申し上げます。現在、演奏できる追加楽器は制作中です。なお、現在楽譜を作成することが難しく、同じ作業を繰り返す必要がある部分も改善するため、キーボードの鍵盤を入力するのと同様に直接入力するシステムも開発を進行しております。もう少しお待ちいただければ便利で面白い作曲システムを公開できると思います。
なお、作曲システムはMIDIファイルを基盤にしていないため、楽譜変換は厳しいと思います。ご了承お願い致します。

 

Q. 狩りでは、物々交換ほどのシルバーを稼ぐことができません。 これに対する解決策はありますか。

 

A. 黒い砂漠で、狩りは一番重要なコンテンツであると同時に最高の効率を出す必要があるというのが基本ルールです。これは操作し続けることによる疲労感などが他のコンテンツに比べて圧倒的に高いからです。

私たちは全てのコンテンツのバランスを設計する時、必ずこのルールに従っております。韓国を除外したグローバルではスクロールやいろんなバフの影響がある場合もございますが、狩場は全体的にもう一度検討し、必要だと判断される所は再調整します。

なお以前返事した中で、特化サーバーに関する話を少ししましたが、それに関連したバランスを構成する際には、この部分ももっと集中して考慮します。私たちは狩りが無条件で最高の効率を持つべきだということについては、これからも変わりはないと思います。
さらに追加で物々交換の場合には重帆船を作った冒険者の方々が一人、二人増えるにつれ、収益が高くなっており、これらも何度か下方修正を実施したりもしましたが、このコンテンツについては着実に時間を投資しなければならないし、回数に制限がある分、この状態から更に急な調整はしない計画です。

 

Q. ある人は短い時間で宝物が手に入るのに、ある人は何ヶ月プレイしても獲得できない人たちがいます。 これらについて不公平ではないでしょうか。

 

A. 私たちもゲーム内で、もしくは内部で誰かが短期間で宝物の欠片を獲得したという話を耳にすると、先週既に確認したとしてもデータに問題が無いかもう一度確認する過程を経ています。

挑戦する全ての冒険者の方々に応援のメッセージをお送りしたいと思い、冒険者の皆様のこの努力が水の泡にならないように各宝物のアイテムの価値が維持できるようにもっと集中します。

 

Q. スタックシステムを改編する予定がありますか。 また強化する際、鍛冶屋と司祭の位置がとても遠いので、この部分も改善してほしいです。


A. まず、鍛冶屋と司祭はそれぞれの役割とコンセプトを持っています。冒険者の皆様の便宜のため、闇の精霊が全てのものをやってくれるようにすることも悩んでみました。しかし便利ですが、黒い砂漠が追求する方向ではないため、現状を維持することにしました。
ただし、冒険者の皆様にもう少し便利さを与えることができるように他の方法を検討してみます。
なお強化が不便だからといって、便利性だけ高くなるようにすると冒険者様が手間をかけることができる過程での楽しさや達成感がなくなってしまう可能性があります。装備ウィンドウを開け、皆様が直接強化を通じて上げた装備をぼんやりと見つめた時、その苦労した思い出や満足感が減ってしまう場合もあります。
スタックは強化失敗を補助するための、強化における補助システムです。そのためこのスタックシステムを完全に変更することは考えていません。ただし、強化初心者の冒険者の方々に強化段階を落とさないクロン石やヴォルクスの助言、ヴォルクスの叫びなどを簡単に理解できるチュートリアルや便利性の部分は何か改善できないか検討してみます。

 

Q. 船着場には船が多すぎるため、出港するのが大変で、他の船と重なることもあり不便です。 意図しない拉致もされるので、改善されたらうれしいです。

 

A. 大洋の時代を実装した以降、ベリア村やイリヤ島の船着場の近くに大きな船舶たちがぎっしりと立っている風景が良く見られますが、この過程で生じる不便さを解消するために様々な工夫をおこなってきました。

船舶アイコンを押すとすぐ搭乗できる機能や船舶呼び出し機能などを通じて冒険者の皆様の不便さを解消できるように努力しておりますが、まだまだ改善すべき項目がたくさんあるようです。

アイデアの取り集めおよび開発を通じて、もう少しわかりやすく、もう少し楽に船舶に搭乗できる機能を提供できるように努めて参ります。
また、この過程でギルドガレー船の利便性のアップグレードについても検討してみます。

 

Q 統合取引所におけるインフレ、アイテムの物量不足などの問題はどのように対応する予定ですか。


A. 最近、先の尖った黒結晶の欠片、堅い黒結晶の欠片やカプラスの石のような材料アイテムを入手しにくい現象が起こっております。十分認識している状況ですが、単に現在の材料需給危機を逃れるために、解決するためのアップデートはおこなわない予定です。

黒い砂漠は需要と供給によって、経済が維持されているため、購入待機が過度に多くない、足りないアイテムは新しい需給先を増やしたり、既存の需給先の効率を上げるといった工夫をしております。今すぐ先の尖った黒結晶の欠片や堅い黒結晶の欠片の価格を上げることは選択したくありません。既存のシステムを維持しながら、意味のある需給先、活用先を増やす方案について、全般的に検討しております。
カプラスの石も全世界の黒い砂漠で不足しているものと認知しております。元々カプラスの石は足りないようにと設計されておりますが、求めている冒険者の方々が多いため、カプラスの石の需給先も私たちは悩んでおります。
過去、記憶の破片も初め非常に価格が上がり、現在は安定した状態を示しておりますが、カプラスの石もこのような過程の中の一つであると考えております。いつか、先の尖った黒結晶の欠片や堅い黒結晶の欠片より安定化される時まで、注視します。その時まで、様々な方法をトライし、その都度状況を改善するような突発的な改善よりも、根本的な問題への解決策を講じることができるようにします。

 

Q. 倉庫のマスやバックのマス、重量を増やす予定はありませんか。

 

A. まだ、計画にございません。

 

Q. 新しい髪型はいつ出ますか。 髪型の種類がとても少ないです。 髪型のカスタマイジングにおいて、髪が無い頭部を選択することができないことが気になります。

 

A. 黒い砂漠のキャラクターたちは非常に精巧に作られております。カスタマイズが非常に優れて作られており、髪型の種類が増えれば増えるほど、最適化に問題が生じることになります。昨年、新しい髪型への要請をいただき、実際に作成した髪型がありますが、新しい髪型をアップデートすると性能が落ちるという話が上がって以降、進行することができませんでした。

その当時は最適化が優先だと考えアップデートを保留しましたが、これからは様々な種類の髪型を一気にリリースすることはできませんが、一つずつ追加できるように努めて参ります。

追加で、イアナロスヘルムのようにたくさんの冒険者様たちが愛してくださる髪飾りのような形でも解決できると思っているので、髪飾りの追加も検討しております。
ただし新しい髪型や、髪飾りは最適化と密に関係しているので、ゆっくりと進行する計画です。

 

Q. 黒い砂漠開発者達はどれだけゲームをされていますか。 実際にどのゲームをたくさんなさっているのか知りたいです。

 

A. 黒い砂漠にはゲームを非常にプレイしている開発者たちがたくさんいます。私たちも冒険者の方々と一緒に冒険を楽しんでおり、時には一緒に笑ったり、時には一緒に怒ったり、時にはゲームプレイへのやる気がなくなって、しばらくゲームプレイを中止したり、復帰したりもしながらプレイしています。これからも冒険者の皆様とお供しながら、冒険者の方々の感情を黒い砂漠にもっと盛り込んでいくことができるように努めて参ります。

 

Q. 海外ユーザーのための黒い砂漠グッズストアはいつオープンされますか。

 

A. 韓国では今年の2月グッズストアがオープンされました。

しかし現在、海外配送不可地域や全世界的なイシューによって現実的に配送が厳しい状況のため、早くオープンすることができませんでした。

もう少し待っていただきますと良い報告をお届けできるようにいたします。

 

Q. 空の馬車に乗って行ける空中エリアの実装予定はないのでしょうか。また追加で飛行船など新規搭乗物はいつアップデートされるのか知りたいです。 アップデート予定の搭乗物は何がありますか。

 

A. 空中地域は計画しておりません。新規搭乗物についてもたくさんの冒険者の方々から要請をいただいており、私たちも様々な搭乗物たちを内部でテストしていますが、結果としては黒い砂漠に相応しく、そして馬の代替となるような搭乗物がまだ見つかっておりません。ただし、冒険者の皆様の意見に基づいて、引き続き研究します。
追加で、韓国サーバーに石殻ガニに化けることができる遁甲書が先日追加されましたが、一部の冒険者の方々から気軽に楽しめるのが良いというご意見をいただきました。石殻ガニは新しい搭乗物に比べられるコンテンツではありませんが、このように気軽に、楽しく遊ぶことができるおもちゃ型のアイテムを更に追加しようと思います。例えば、カーマスリビア地域では暫しグリフォンに化けて長い距離を滑降したり、フェリードに化けて早く草原を疾走するような形は十分できると思います。一つずつゆっくりと追加していきます。

 

Q. 大洋の時代、PART.IIと海上戦はいつアップデートされる予定でしょうか。

 

A. 大洋の時代PART IIは開発方針が変更されたため、しばらくの間中止された状態です。板屋船と新しい島はほどんど作られているため、開発が再開されるタイミングでアップデート方針と共に改めて共有できるようにいたします。

 

Q. 家族や友達と一緒にゲームを楽しみたいですが、皆と一緒に楽しめるパーティー型の狩場やパーティー型のダンジョンはアップデートする計画はありますか。

 

A. ミルの木遺跡やガイピンラーシア寺院、そして最近追加された放棄された修道院やパディクス島と同じ形のパーティー型狩場はこれからも引き続き拡張していく計画です。特にミルの木遺跡やガイピンラーシア寺院は現在の黒い砂漠に相応しいパーティー狩場だと判断しています。
ただし、様々な冒険者の方々が集まらないとクリアできない(ダンジョン)構造はこれからは控える予定です。

 

Q. 赤い戦場と似たPvPコンテンツが追加される予定はありますか。 毎日できる小さな攻城戦や旗を奪うゲーム、地域戦争のようなアリーナがほしいです。

 

A. <ハイデル宴会AT HOME>を通じて、公開されたいばらの戦場がまもなくアップデートされる予定です。久しぶりにお見せするPvPコンテンツである分、冒険者の皆様が楽しくプレイしていただければと思います。追加で私たちは赤の戦場が進行される場所において、更に様々に増えることができるように構造を変更する作業を進行しており、この作業が完了すると様々な場所で赤の戦場を楽しむことができると考えております。同じマップに疲れてしまった冒険者の方々にとって意味のあるものになっていただきたいです。旗取りや地域占領のような新しいルールのPvPは、その後検討いたします。

 

Q 黒い砂漠MobileにはチームPvPモードがありますが、PCには追加される計画はありますか。

 

A. チームVSチームで進行されるチームデスマッチは現在計画にございません。しかし、現在開発中であるいばらの砦は小規模のチーム対抗戦の形として進行される予定ですのでご期待ください。

 

Q. 結婚システムのような、カジュアルにユーザー同士が触れ合えるソーシャルシステムがあるとうれしいです。


A. 結婚を一つのシステムとして導入する計画はありません。より美しい背景を、より格好良くて綺麗なキャラクターをそして様々なコンテンツを作ることに集中します。
最近、欧州でコロナ問題により、結婚式を挙げることができなかった一組のカップルが黒い砂漠の中で、結婚式を挙げたことがあります。

 

 

この場をお借りして、お二方にはお祝い申し上げます。

結婚式はカーマスリビアのグラナで行われており、綺麗で格好いい個性のあるいろんなキャラクター (冒険者様)がご参加いただき一緒に祝ってくださいました。
シャイたちが集まり、楽器演奏を通じて祝婚曲を演奏したりもしました。本当に感動的でしたし、私たちもとてもうれしく思っております。

 

Q. 作曲と演奏が出ましたが、踊るアニメーションの導入予定はありませんか。


A. 私たちは全てのコンテンツを構想する時、黒い砂漠が持つ雰囲気や情緒を考慮しております。
踊りは本当に何回か作りましたが中止となりました。また最近、ワルツとタンゴを参考にもう一度制作しましたが、今回も結果は同じでした。踊りのアニメーションを待っていただいている冒険者様には申し訳ございませんが、踊りはここでストップします。
その代わり、シャドウアリーナのソーシャルアクションに少し踊る動作があります。その程度までは導入できればと考えています。踊りよりも、今よりもっと様々な動作を追加して、キャラクターができる様々な行動を補っていきます。

 

Q. アップデート予定の新規地域を教えてください。 ハソ国はいつ開放する予定ですか。

 

A. 現在、準備している新規地域はガーディアンの故郷でありながら、常に雪が降る「果てしない冬の山」そしてハサシンの出身地域で、あらゆる危険がはびこっている開発名「魔界」があります。<ハイデル宴会AT HOME> ロードマップを通じて、少し公開しましたが、ハソ国の向こうの世界は現在の構造上拡張するのは難しいです。ただし、今までそうしてきたように新しい試みを通じて良いお知らせを届けることができるように努めて参りますのでご期待ください。

 

Q. 死んだ神の防具の残りの部位や、ブラックスター装備はいつ追加されますか。

 

A. まだ、具体的な追加時期は確定されておりませんが、韓国ではブラックスターシリーズの他の部位は早ければ7月 ~ 8月、遅くても9月までは追加しようと考えています。ただし、韓国で先行して実装されている死んだ神の防具は現存する最高の防具である分、十分準備してアップデートする予定です。コンセプトから初めて制作 (もしくは獲得)する方法まで、アーマーとは完全に別の方向で設計することも考慮しており、最高という名にふさわしい方式で制作することが目標です。そのため、おそらく今年に残りの部位は追加されないと思います。

韓国を除いたグローバルの場合には、ブラックスターアーマーが先にアップデートされ、オーディリタと同時期に死んだ神のアーマーが追加される予定です。

 

Q. シャイのようにサポートをする、または他の特別な能力を持ったキャラクターを実装する予定はないのでしょうか。


A. シャイは内部的に非常に実験的なキャラクターでした。幸いなことにたくさんの冒険者の方々に好んでいただいたおかげで、私たちももう少し自信を持てるようになりました。このため、シャイのような特別なキャラクター制作にもっと力を入れることができると思います。ただし、特別なキャラクターは黒い砂漠を愛してくださる全ての冒険者の方々から歓迎されるようなキャラクターではないため、実装の周期は多少長いと予想されます。本格的な開発に取り掛かるまで、まだ時間があるため、特別なキャラクターについては、良いアイデアをたくさん送っていただければと思います。参考にさせていただきます。
そして、パプーのキャラクター追加要請をしていただいている冒険者様がいますが、その情熱について、本当に感謝のお礼を申し上げたいと思います。

 

Q. 紅の砂漠リリース後、黒い砂漠はどんな方向に進んでいくのか、運営および開発目標はどう設定しているのか知りたいです。

 

A. 黒い砂漠の開発方針と目標について変わりはありません。いつも、冒険者の方々に面白さを提供できるゲームを作るために最善を尽くします。
そして、紅の砂漠に闇の精霊の出現…この意見はそっと伝えてみます。

 

Q. 韓国サーバーのワールド/フィールドボス、特にフィールドボスに参加者が少ないので、報酬が改善されるとよいと思ってます。 また、ガーモスやベルの心臓を得ることについて運が左右されますが、これについて改善の予定はありますか。

 

A. ボスについては、私たちも結構悩んでおります。殆どの60~61レベル以上の冒険者様たちはすでにボス装備を保有しているため、報酬への魅力が低下してしまっているものの、新しい冒険者の方々にとっては価値があるため、スペックを勝手に変えることが難しいです。
これで私たちは現在の状態をある程度維持しながら、変化を与えようと思い、「真ボス」を導入してみようと思います。現在、各ボスは決められた時間に出現しますが、この時、一定の確率で凄まじい力を持っている真ボスが特殊出現する形です。真ボスは非常に強く作られる予定であり、それに応じる報酬も設けられる予定です。

 

Q. ベルを討伐する際、冒険者の船が多いため、ベルを攻撃をする時重帆船のように大きな船が結界近くにいると、大砲が船で塞がってしまうため攻撃をすることができません。 ベルの結界をもっと広げることはできないか知りたいです。

 

A. 黒い砂漠研究所の定期メンテナンスを通じて、ワールドボスであるベル出現時、ベルの前の結界石の高さを低くして、冒険者の方々に以前より更にベルに近接して砲撃できるように改善しました。ただし、これは完璧な解決策ではなく、根本的な問題を見つけ改善できるように努めて参ります。

 

Q. アグリスの熱気のOn/Off機能を追加してください。

 

A. 6月 3日 (水) 定期メンテナンスを通じて適用されました。

 

Q. 灰色の森はカーマスリビア地域ですが、なぜ、カプラスの石や古代精霊の粉はドロップされないのですか

 

A. 灰色の森は最初から「挑戦」に目的をおいて作られた狩場です。いわゆる 「ファーミング型」の狩場にならないようするためにドロップするアイテムの構成も既存の狩場と差別化しました。
ただし、現在の段階で灰色の森はデヴォレカネックレスだけでは、挑戦意欲が少し落ちると判断しており、別の形の「報酬」を追加で議論しております。アップデート時期は、もう少し時間がかかると予想され、恐らくアートの方にも少し準備時間が必要だと思います。今日の返事が冒険者様にとって、少しのヒントになっていただければと思います。

 

Q. ギルドミッションの回数がギルド規模に関係なく、一日10回は少ないと思います。規模によって、ギルドミッション回数を増やしてくれる考えはありますでしょうか。

 

A. ギルドミッションは一生懸命する冒険者様と、そうではない冒険者様の間に感情的な負担を与える可能性があると判断しております。そのため回数を追加で増やしてはいませんし、今後も増やさない計画です。その代わりに今のような単純なギルドミッションではなく、ギルドメンバーたちの協力がもう少し必要なギルドミッションを追加したいと思います。

例えば、狩りが上手なハンターギルドメンバー、採集が好きな採集者ギルドメンバー、海洋コンテンツが得意なギルドメンバーが力を合わせることで、完了できるそのようなミッションになれると思います。

 

Q. オーガのリングとライテンの動力石のアイテムステータスは完全同じですか。

 

A. はい。完全に同じです。真Ⅳオーガのリングを持っていたが、真Ⅳライテンの動力石のアイコンの方がもっと綺麗だったから、オーガのリングを売って、またライテンの動力石を買った…あの時の開発者のある方を思い出しますね。

 

Q. たくさんのクエストと退屈な狩りにより、ゲームを短期間であきらめたり、それに応じるシルバーを獲得できる生活コンテンツに移動し、潜水ユーザーになる方々が増加し、ゲームの雰囲気がどんどん潜水する雰囲気になっています。これを解決する計画はありますでしょうか。

 

A. 今回<ハイデル宴会AT HOME>で、新規キャラクターハサシンと終末の月グランプリ、特化サーバー、いばらの砦と懸賞金などが公開されましたが、殆どは活動的なプレイにフォーカスが合わせられています。
ゲームの雰囲気は私たちがアップデートする内容によって、大きく左右される部分です。私たちは継続して分析を行い、活動的なプレイと非活動的なプレイのバランスが取れるように努力しており、これからも着実に努めて参ります。

 

Q. シーズンサーバーにより、復帰したユーザーです。本当に良いアイデアとして出発したシーズンサーバーのトゥバラ装備の支援コンテンツは以前私が知っていた黒い砂漠では間違えたのではないかと疑っていたくらいの良いアイデアでした。しかし、重なる強化失敗と消える強化材料はいつも悲しいです。もちろん、製錬された魔力のブラックストーンを通じて、真Ⅲまでは確定強化ができますが、一般装備に転換された時、少なくとも真Ⅳセットにならないとシーズンサーバーでの時間が無駄ではなかったと感じてしまいます。次のシーズンで支援される装備はもう少し初心者が扱いやすい強化の形で支援できますでしょうか。

 

A. まず、シーズンサーバーを楽しんでいただき、ありがとうございます。私たちの立場からみると一つの挑戦でしたが、本当にたくさんの冒険者の方々が楽しんでいただいているようで、感謝の限りです。
今回韓国ではシーズンサーバー期間にサポートセンターを通じてお問い合わせいただきました内容に装備強化が難しいというご意見が多くありました。
しかしながら申し訳ございませんが、私たちがしてあげられることは応援のメッセージしかないと思います。ご意見いただきましたトゥバラ装備の真Ⅲ-真Ⅳ-真Ⅴの区間は努力が必要なこととして意図して設定したものであり、この過程を簡単に変更しない方針です。私たちはシーズンサーバーが新規冒険者の皆様が簡単に装備を獲得する所ではなく、核心になる強化システムを多少軽減した形で接しながら、既存の冒険者様たちとの交流や連帯が形成される所になっていただきたいと思います。そして、これが健全な循環であり、ゲームをより知っていただくきっかけだと信じます。その代わり、初シーズン終了後、関連データは徹底的に分析する予定であり、その結果によって、あまりにも不便だと判断されるものたちは引き続き整えていく計画です。

 

Q. 次のシーズンでは、シーズンサーバーと一般サーバー間、サーバー移動時間問題を解決してください。シーズンサーバーには一般キャラクターが接続できないため、栽培やワールドボスレイド、その他諸々の問題があります。

 

A. あ…これは何とか方法を見つけて改善します。できない場合は他の方向も検討します。

 

Q. 黒い砂漠には非常に様々なコンテンツが存在しており、興味のあるコンテンツを選んで、楽しむことができるという特徴を持っております。しかし、野蛮の亀裂とかバルタラ聖遺物の守護のように作られたのは長くなったが、冒険者たちが興味を示されていないコンテンツたちがたくさんあります。報酬とか進行方式などを改善する計画はないのか、あるとしたら、いつ頃進行されるか気になります。


A. 長い時間、放置したことについて、申し訳ない気持ちばかりです。二つのコンテンツ全て一人ではなく、いろんな冒険者様たちと一緒にしなければならないコンテンツであるため、改善方向について簡単に見つけることができていない状態でした。今すぐ大きな改変ではなく、小さな部分から一つ一つ改善していき、変化する姿をお見せできるようにします。
まず、バルタラ聖遺物から検討します。

 

Q. キャラクターは今まで19体ですが、計何体まで増やす予定ですか? まだ、実装されていない開発中のキャラクターはどれくらいありますでしょうか。

 

A. 何個まで増やすか…については、まだ考えていない状態です。新規キャラクターはこれからも着実にアップデートされると思います。開発中のキャラクターがどれだけあるかという質問は毎年いただいておりますが、その都度、いつも心の中からは 「こういうものとこういったものたちがあります」と叫んでいたと思います。今年も心の中の返事は同じです。新規キャラクターは引き続き開発および研究を重ねております。

 

Q. 攻撃力と防御力が低い冒険者たちが行けない狩場で、狩りを楽しむチャンスを与えていただけないでしょうか。例えば、更に多くの冒険者たちがあの地域に行けるよう、ユーザー装備によって、モンスターたちのダメージ量と防御が自動的に低くなるのと同じ機能です。現在、公認ネットカフェ装備で行ける狩場は限られています。

 

A. まだ、計画にございません。特に狩場のスペックは成長のための土台であり、成長の糧になるため、現在の状態を維持しようと思います。

 

Q. 最後の打撃を与えた冒険者だけではなく、ワールドボスを含めたすべてのモンスターたちを攻撃し、ダメージを与えるのに参加した冒険者たちであるなら、誰もが確率で知識を獲得したり、知識等級が上がってほしいです。

 

A. 反映して改善できるようにします。

 

Q. アドゥアナートとディネに2人搭乗機能が追加される予定がありますか。

 

A. アドゥアナートとディネに2人搭乗の機能を追加しない理由として、幻想馬はすでにそのものが相当の魅力があると思うからです。幻想馬があらゆるものを持つことになると、おそらく2人搭乗を持った普通の馬とその馬に搭乗してプレイしている冒険者の方々が虚しいと感じるかもしれません。幻想馬はそれぞれの魅力に集中しようと思い、幻想馬が全ての機能面で他の馬たちの上位をいくべきではないと思います。

 

Q. メール送信機能を作ってくれるとうれしいです。相手が接続していなくてもメールを送る方式として連絡したいです。

 

A. 実はメールボックスは元々の予定では消える機能でした。黒い砂漠を開発初期からメールボックスは運営/イベントを含めた各種報酬を獲得するための構造で作られていました。

おそらく、昨年から私たちがこの報酬をメールボックスではなく、 「闇の精霊のプレゼント箱」から受け取ることができるように統一していますが、この過程を全て完了するとメールボックス自体は削除する予定でした。
しかし、よく考えてみると本当に残念でした。ギルドメンバーが接続していない時、誰かにあるメッセージを送っておきたい時、軍隊に入った弟が懐かしい時など…たまに手紙を活用したいと思うからです。

このため、メールボックスは削除ではなく、「手紙」そのものの機能として活用できるように開発チームと調整しております。私たちもこのような議論がとても楽しいです。確実なお返事はできませんが、良い結果に繋がりましたら、早く共有させていただきます。

 

Q. 装備やスキルに<熟練度システム>を追加する計画はありますか。

 

A. 良いアイデアはいつでも歓迎します。カスタマーセンターなどを通じて詳細を伝達していただきますと、検討してみます。

 

Q 昔の狩場に人がいなくて残念です。改善していただけますとたくさんの冒険者から良い評価をもらえると思います。

 

A. メディア以降の狩場は大きく変更する計画はありません。ただし、内部では「成長区域」として言われるバレノス~カルフェオンまでの地域は特化サーバーを通じて改善したいと思います。特化サーバーではこの区間のモンスターたちが非常に強くなるし、報酬もそれに応じる水準として改変されると思います。例えば、レッドオークが生息しているオークキャンプが適正攻撃力240以上の狩場になる場合もあると思います。

 

Q 開発者たちはバランスを調整する時、コミュニティーの提案を参考にするのですか。それとも直接拠点戦や占領戦に参加しながら調整しますか。ある冒険者は自分がプレイするクラスが上方調整できるようにコミュニティーに呼びかけるという噂もありますが、本当ですか。

 

A. 正直に申し上げますとコミュニティーの意見は全く参考にしておりません。代わりにバグの内容については、綿密に確認いたします。

特にコミュニティーに投稿されているものは自分のキャラクター名を明かさず、他のキャラクターを攻撃する場合が多いため、特にこのような投稿に左右されないようはじめから開発者たちに見ないように教育しております。
コミュニティーよりも私たちのプレイ経験とデータ、そして、主に公式ホームページとサポートセンターへの問い合わせを参考しております。私たちが今回<ハイデル宴会AT HOME>で申し上げました熟練した冒険者の方々を招待してお互い議論しようと思っていたのは、本当にそのキャラクターを好きで、専門的にプレイしてきた方々の意見を聞き、参考するためであるからです。
だからといって、関連アップデートを熟練した冒険者の方々からの意見のみで処理して負担をかけようとするつもりはなく、いただいた意見を参考として最終決定は私たちが直接進行したいと思います。

 

Q 大洋の地域が更に拡張される可能性はありますか? そして大洋のフィールドボスも追加されますか。

 

A. 大洋地域の拡張はまだ言及する時ではないような気がします。お伝えする内容がある際、改めて、共有させていただきます。大洋のフィールドボスはまだ計画にありませんでしたが、考えてみうと、このような要素を追加しない理由はないですね。新しい「ネームドモンスター」から先に準備してみます。

 

ペンジーと一緒にしたグローバルQ&A時間はいかがでしたか?

全世界の冒険者の方々から送っていただきました質問については返事を記載して、GMノートを通じて公開する予定ですので来週もご期待ください。

 

それでは、次のQ&Aまで、またね~!

コメント 1
top