冒険者ガイド

黒い砂漠のすべて

ゲームプレイのためのガイド、闇の精霊 

 

不定形の黒いガスの塊の胴体に真っ赤に光る目。 

ゲームを始めると、一番最初に目にするこの不思議な生命体は、闇の精霊と呼ばれている存在です。 

 
闇の精霊は、次の行き先を教えてくれるナビゲーションの役割をします。  
闇の精霊レベルに合わせた依頼与え、着実に一歩ずつ前に進めるようにしてくれます。(時には誘惑して、NPC依頼の代わりに他のことを行うように誘導したりします闇の精霊依頼進行すると、闇の精霊も強くなることがわかるでしょう。闇の精霊は、古代遺物から力を吸収して成長しますが、外見の変更のみならず、新しい機能も利用できるようになります。  
闇の精霊の初覚醒以降、潜在力突破と潜在力転移が使用できるようになります。スキルに付加能力を付与するスキル覚醒や再覚醒闇の精霊を通じてできます。 

闇の精霊は、ショートカットキー [ / ]でいつでも召喚でき、もし闇の精霊依頼が受注できる状況の場合は、画面の右下に闇の精霊アイコンが表示され、この場合も/ ]で召喚できます。 


広いワールドを満喫する

 


黒い砂漠ワールドはシームレスな形になっています。ワールドに接続すれば、何らかの特殊な状況でない限り、追加のローディングなしでどこでも冒険することが可能です。 同じ目的地に行くとしても、道に沿って行けばより速く到着できる反面、山を越えていくと隠された宝箱や貴重な採集物などを得る機会があります。 自分の選択によって、さまざまな形で楽しむことができるわけです。 

なお、冒険をしながらいろいろな地域を経ることとなりますが、1カ所も同じようなところはなく、新たな冒険楽しむことができます。地域移る、新たなモンスターが出没する狩り場が分かれており、常に新しい挑戦ができます。  


戦闘の核心、スキルシステム 

  

スキル戦闘にとって最も重要な要素です。 

黒い砂漠では、レベルが上がるほど学べるスキルの数が増えるだけでなく、モンスター討伐、依頼完了報酬などを通じて、絶えずにスキルポイント経験値を獲得することができ、すべてのスキルを習得することもできます。また、Lv.55になる前までは習得したスキルを自由に初期化することもでき、様々なスキルを使ってみて最も効率が良い、または自分に合うスキルを選ぶこともできます。ほとんどのスキルはキーコマンドで使えます。 決められたキーとマウスのクリックなどを組み合わせて使い、慣れたら自由自在に活用し、多様なコンボへ連携することが可能となります。 最初は手に余ることもありますが、ゆっくり知れば知るほど、コントロールの醍醐味を味わうことができると思います。 

 

より強力で新しい戦闘の経験・覚醒 

  

キャラクターがLv.56になると、依頼進行して覚醒武器装着できるようになります。  

依頼進行しないと覚醒武器を持っていても装着できないので、覚醒武器を使うためには必ず依頼を完了する必要があります。  
また、依頼完了すると覚醒武器報酬として獲得でき、7個の連続依頼完了する間に、特別な覚醒武器スキルを学びます。  
覚醒武器装着したキャラクターは、今まで使用した武器とは違うスキル使用するようになりますので、より強力で新しい感覚の戦闘を経験するようになります。  

  

 
共に楽しむ戦闘システム 

 
 

1) レイドシステム 

 

 

[ワールドボス] 

ワールドレイドボスは特定の場所に出現しますので、誰でも参加できます。ただし、ボスの通常攻撃でも死亡しない程の防御力と、ある程度ダメージを与えられる程の攻撃力を確保してから挑戦してみてください。 

 

[フィールドボス] 

フィールドボスは特定の地域時々出現して冒険者脅かします。その代わり、誰でも参加して狩りができるため、シームレスワールドで構成された <黒い砂漠> ならではの楽しさが100%満喫できます。 ただし、このようなフィールドボスは一般モンスターとは桁違いの攻撃力HP持っているので、油断するとキャラクターの経験値が減らされたり、水晶が破壊されたりするので危険です。しかし、難しい分討伐するとレアなアイテムがドロップするので、今も多くの冒険者フィールドボス攻略に挑戦しています。 

  

  

2) 様々なPVPシステム 

  

[拠点戦/占領戦] 

すべての冒険者が、そしてすべてのギルドがひとつの巨大イベントのように参加できるコンテンツ、それが拠点戦占領戦です。  
ギルドの規模に関係なく、また装備に関係なく誰でも気軽に参加でき、相性抜群のチームを作って勝利に向かって戦えます。黒い砂漠ワールドのほとんどの地域は、すべて拠点で分類されます。この拠点の所有権を巡って戦闘を繰り広げるのが拠点戦です。  
拠点の主になるとそのギルドは一週間その拠点を所有することになり、ワールドで稼げる税金の一部をギルド資金として蓄積して成長の基盤を整えることができます。  
攻城戦とも呼ばれる占領戦は、より規模が大きいです。  
拠点戦は一つの拠点を巡って戦いますが、占領戦は巨大な大陸を巡って戦うためです。  
大陸は領地と呼ばれ、各領地には数多くの拠点があります。  
もし、あるギルド領地Aを占領することになると、そのギルドAを支配する栄誉を得るようになります。もちろん、ギルド資金として獲得できる税金もとてつもないので、ギルドが持つメリットは凄まじいものです。 

 

 

[赤の戦場] 

赤の戦場は、Lv.50以上の冒険者なら誰でも利用できるPvPコンテンツです。性向値やギルドの加入などの制限がないので、いつでもどこでも戦場に参加できます。 

  

[アルシャの闘技場] 

アルシャの闘技場は、冒険者が直接の運営権限を持ちPvP競技進行することができる場所です。  
ギルド隊長や副隊長が希望する日付を予約すると、アルシャの闘技場の運営権限を得ることができます。予約した日になると、他の冒険者を招待してラウンドモードや、フリーフォーオールモードを選択して競技を進行することができます。  

  

 
より強い戦闘のための挑戦、強化システム 

 


円滑な戦闘のための強化システムもあります。 
強化は、ブラックストーンや同じアイテム材料として使用することでアイテムの性能を向上するシステムで、水晶装着アイテムのソケットに魔力の水晶を装備して特定能力を付加するシステムです。  
強化ブラックストーンがあればすぐ進行でき、対象の武器が破壊される損害を覚悟すると、抽出で消耗されたブラックストーンを回収することもできます。装備強化で上がる数値が装備の基本性能を遥かに超えるので、強化は選択ではなく必須です。 

  

  

余裕を満喫できる生活システム 

 
 

1) 黒い砂漠で楽しめる生産活動 

 
採集  

 
最も基本になる生産活動です。 
欲しい採集物に合わせて、異なる採集道具を装着する必要があります。 
レベルが上がると、採集に必要な時間が短くなります。 
採集レベルが上がると、より良い材料が取得でき、 
最上位の潜在力突破に必要な材料が獲得できるチャンスもあります。 

  

加工  

 
獲得したアイテムを他のアイテムに変形できます。 
加工の種類には、混合、粉砕、薪割、乾燥、選別、加熱、修理、簡易錬金、簡易料理があります。 
加工レベルが上がると上位の加工ができ、上位材料錬金、制作などで使われます。 

  

料理  

 
料理をするためには、住居に料理道具を設置する必要があります。 
材料と調味料の調合で、様々な料理を作ることができます。 

  

錬金  

 
錬金をするためには、住居錬金道具を設置する必要があります。 

錬金は少し難しい学問で、採集加工で充分な材料を確保してから挑戦するのをおすすめします。 

  

調教 

  
野生馬を捕獲したり、放したり、馬のレベルを上げたりすると調教経験値を獲得することができます。 

調教レベルが高くなる程、搭乗物のスキル熟練度も上がりやすくなります。 

  

釣り  

 
釣り竿を使って魚を釣ることができます。 
釣りレベルが上がると、装着できる釣り竿の種類が増え 

より多くの魚種を釣ることができます。 
岸から釣りをしても良し、船に乗って海に出て冒険しながら専門的な釣り(銛釣り込み)をしても良しです。 

  

狩猟  

 
クジラ、ワニ、カルクなどの狩りには狩猟スキルの活用が必要となります。  
狩猟レベルが上がると、より良い狩猟用火縄銃が装着できるようになります。  

  

貿易  

 
拠点を行き来しながら売り買いする黒い砂漠の商業活動です。  
長距離の貿易をするためには、大量の貢献度が必要となり、  
貿易品の相場が流動的であるため、事前準備と調査が必要です。 
採集加工、制作に繋がる生産ルートで貿易品を生産することもできますので、 

商店での購入ではなく、自給自足の貿易も可能です。 

  

栽培  

 
フェンス使用して庭園設置することができます。 

種を植えて収穫したり、より良い品種の種を改良することができ、 
乳牛に餌を与えて育つこともできます。 

 
生産活動を効率的に。貢献度拠点システムは以下の通りです。 

 
 
[貢献度] 

貢献度とは、各地域に貢献した度合いを示す数値で、複数の依頼完了して経験値を上げることができます。貢献度を消耗する時は地域の制限なしで使用できます。 

貢献度は主に拠点に投資する時や家を購入する時に使用されます。その他、狩猟用の火縄銃や笛などの装備から、様々なオプションがある特殊装備をレンタルすることもできます。 
貢献度は獲得に時間がかかります。そのため、計画的に使用しないと、あっという間に底をつき使用できない場合があります。貢献度はいつでも回収できるため、必要なタイミングごとの管理が必要です。 

 
 
[拠点システム] 

拠点は、貿易生産のための必須要素です。  
拠点が連結されていると貿易進行でき、労働者を送って様々な材料採集するなどのコンテンツを楽しむことができます。拠点を連結するためには貢献度が必要です。村と村が連結されると、アイテムを循環馬車に乗せて送ることもできます。輸送や貿易品の販売をする時に拠点が連結されていないと、輸送費3倍または貿易品の価格30%売却などの損害が発生しますが、拠点が連結されていると、通常の相場が適用されるので本格的に収益を得ることができます。 
拠点は、探検拠点生産拠点に区分されます。  
探検拠点は、貢献度を消耗して投資できる拠点で、機能によって中心の村、村、貿易、関所、危険地域、空拠点の6種類になります。中心の村と村は安全地域で、他は戦闘地域と分類されます。生産拠点は、探検拠点に属していて、資源が手に入り、農場、採鉱伐採発掘4種類になります。 

  

  

3) 自分のための家を作ろう、ハウジングシステム 

 
黒い砂漠家は生活コンテンツの中心となります。 

様々な機能を実行でき、また自分だけの空間として個性を表現できる場でもあります。 

家は個人の独立した空間であり、全体のプレイヤーがすべての家を所有することも可能です。(ただし、住居として購入できる家の数は限定されます。)家は、主に生産活動を目的として使用されますが、家具や壁紙を内部に飾ることはもちろん、ペットを放して一緒に遊んであげる用途としても使えます。 また、休憩をとったり、自己修理、読書などのさまざまな行為も可能で、友達、ギルドメンバーなど他の冒険者と一緒に自宅で楽しい時間を過ごすこともできます。 

  

 
黒い砂漠のもう一つの楽しみ、行動力システム 

 
 

 

 
行動力は、非常に有効な資源です。生活コンテンツの根本とも思える採集から、NPCとの親密度を上げる会話、狩り場でのアイテムドロップ率が上がる拠点投資、高級アイテムが手に入る秘密商店など様々な所で使えます。また、行動力を使って遠い所からスキル教官に行かずにスキルを習得することや、他の村の貿易相場を確認するなど、色んなコンテンツを遠距離で利用する時にも使えます。 

 
[行動力の使い所] 

1) NPCとの会話交流 

2) NPCとの挨拶 
3) NPCの物の盗み 
4) NPC から知識を返却する 
5) 貢献度を上げるための防御の証票の返納 
6) チャンネルグループチャット 
7) リモートでスキルを学ぶ 
8) 採集 
9) 貿易NPCとの交渉ゲーム 
10) 労働者の契約 
11) 貿易相場の確認  
12) 拠点の投資  

  

 
黒い砂漠の独特な移動手段 


 

 

<黒い砂漠> では瞬間移動やポータルのような瞬時に移動できる手段はありません。 

そのため広い大陸を冒険するために、搭乗物は非常に重要な移動手段になります。  
搭乗物の中でも等級が低い一匹だけでも早めに用意した方が、よりゲームを楽しめます。 

<黒い砂漠>での搭乗物の種類は、ロバラクダ馬車、象、船舶など色々あります。各搭乗物は固有の役割がありますので、コンテンツをどう楽しむかに合わせて選択して用意してください。 

  

[ロバ] 

動きの速さより荷物を運ぶことに特化した搭乗物です。 

馬より所持できる重量(LT)が多く、持久力があり、貿易などに便利です 

  

[] 

黒い砂漠の代表的な移動手段で、すべての冒険者のロマンです。高い等級は凄まじい速度を持ち、遠い所へもすぐ到着できるようになります。  
の等級18世代までで、等級が上がる度に基本能力値(速度加速、回転力、制動)が高くなります。そして固有のスキルを持っています。固有スキルは、レベルが上がる度に(最高30レベル)確率に応じて獲得できます。全力疾走、瞬間加速、ドリフトなどのスキルは、馬がより早く走れるようにしてくれるので、他の馬より価値が上がります。 

 

[馬車] 

大規模な荷物を積んで運ぶのに特化した搭乗物です。 

陸地での搭乗物中、バッグ数が最も多く、荷物の重量が増えても速度が衰えません。 

基本的に馬車は、4匹のが荷車を引く形です。 

  

[船舶] 

川や海を移動するときに使用します。釣りをする時、海上貿易を利用する時、島に移動する時など、海でのゲームプレイを楽しむ時に必須な搭乗物です。 

  

[ラクダ] 

ラクダは、バレンシアの砂漠地域で有効な搭乗物です。砂漠地域では馬や馬車などの搭乗物は速度や機能に制限が生じるため、ラクダを利用することでより円滑な移動が可能です。 

  

[荷車象] 

荷車象は、ラクダと同じくバレンシア地域でのみ手に入れる搭乗物です。一般の象よりは小柄なかわいい象です。 

top