ニュース

GMノート [GMノート] 世界を救うため永遠の眠りから目覚めたセージ
黒い砂漠 2021-03-12 06:30
コメント 2

 

「最後の古代人」

 

まもなく、血色の瞳をした黒い侵奪者がこの地を訪れるだろう。

その時が来たら、我は永遠の中から戻るであろう。

 

「必滅」 

 

 

これが当時それが下した結論だった。

 

深い闇が星の光をことごとく飲み込んだある夜。
北の空の果てに輝く封印石の真ん中で、
ひときわい光を放つ
これまで一度も観測されたことのない奇妙な星。

 

 

「みんなで力を一つにして、迫りくる災いに備えなければならない。

そうしないとに残された道滅亡のみだ!」

 

 

ロークス・マハ・デキア

 

 

象牙の塔の変わり者と呼ばれ、常におかしな発想をしてきた彼が、

初めて大衆の前に姿を現した瞬間だった。

波のように瞬く間に押し寄せた市民たちの前で、彼は

が長きに渡って研究してた黒い侵奪者の存在を知らせた。

 

 

「北望城の周りを回る尾の付いた星の姿をこの目で見た 

赤い目をした黒い生霊たちを抱く滅亡の星を。 

 

そうだ、マガハンの黙示録に書かれていた黒い侵奪者たちがやってくる

そして、彼らによって燦爛たるこの王国は3日もせず灰と化すだろう!」

 

 

しかし、慈悲深いアグリス川の祝福で実った豊穣は、

尾の付いた怪しげな星の出現すら、市民ら不安にさせることはなかった。

 

溢れんばかりに積まれ豊かな穀物と彼らのに染みついたワインの香りは、

人々この時が永遠であるかのような錯覚に酔わせた。

豊穣が永遠に続く世など存在しないということを知っていながら、

彼らはそれに酔いしれて正気を失っていたのだ

 

 

「信じてくれ今まで誰も見たことがなものを

この私…この私が造り上げた…

新しい天体望遠鏡、アトラキアで観測したんだ!」

 

 

彼は演説が終わりもしないうちに人々を扇動した罪で逮捕され投獄された。

今まで誰も脱獄できなかった、自ら設計した監獄に入れられた彼は、

亡国の道に立たされた王国を嘆き

微かな月明かりだけが格子を照らしていたある夜、跡形もなく姿を消した

小さな立方体に入っ手紙だけを残し

 

 

 

 

 

「愚かな市民よ…
尾の付いた星にって赤い瞳の黒い侵奪者舞い降り

神殿が崩れ、象牙の塔が燃え、地面が半分に割れて懺悔の涙が流れたら
私がお前たちを助けに来よう

 

 

それからちょうど49年後、

尾の付いた星に乗って赤い瞳の黒い侵奪者が舞い降り

神殿が崩れ、象牙の塔が燃え、地面が半分に割れた。

人々は懺悔の涙を流して彼の助けを待ったが

彼は人々を助けに来なかった。

 

 

 

 

「カルトオ·ペンハス·アトラクシオン終末の訪れ

セージのメインスキル

亀裂の環
次元の力で一定時間、障害物に関係なく
目標地点まで自由に移動できます。

 


大崩壊
強力な破壊を起こして一定範囲の敵に
大きな被害を与え、防御力を弱めます。

 


アトルの源
セージの核心スキルで、詠唱時間が必要ですが、
100%クリティカルで強力な被害を与えることができます。

 


アトマギア
アトルの源を使用後に使うスキルで、
周りの敵を強力な雷で転倒させます。
敵が多ければさらに大きな被害を与えることができます。

 


▶ 黒い砂漠スタジオがお伝えするセージの話

접기

新規クラス「セージ」は、ウィザードとウィッチ以降、

私たちがかなり前から準備してきた魔法型のキャラクターです。

北米とヨーロッパの冒険者の皆様の感性を刺激するような、

ロマンチックな古代の人物を表現することに集中したキャラクターでもあります。

セージは、黒い砂漠ワールドのあちこちで見られる古代文明の痕跡が生きていた時代、

つまり古代王国に実在した人物です。

古代兵器を研究していた科学者であり、象牙の塔で学生たちを教える先駆者でした。

 

セージの特徴は、時空間を制御して破壊的な力を駆使することにあります。

北米ヨーロッパ地域でティーザー公開後、複数人から「ビットコインじゃないの?」という声をいただきましたが、

ティーザーに表現された物体は、キューブのような立方体の「カイヴ」という物質で、セージの主な武器でもあります。

セージはこの特別な物体カイヴを使い、空間を開いてアトルの拳を召喚し、敵を押さえつけ、

非常に強力な攻撃魔法を駆使することができます。

 

また、時空を加速させ特定スキルの再使用待機時間を短縮させたり、

短い距離の中で空間を歪ませ、構造物に制限なく移動することもできます。

そのため、セージは相手と対面する際、ポジショニングという点で優位に立つことができ

スキルを組み合わせて自ら有利な状況を作り出し、様々な状況に対処できるという特徴があります。

 

そして、セージのこれらの特徴は、まるで万華鏡のように多彩な視覚効果を通じて、

神秘的で美しい古代人の戦闘として表現されています。

 

最後に

セージはキャラクター特有の特徴として古代遺跡ヒストリア廃墟やアクマン寺院に入場する際の材料が不要で、

最初から伝承可能な状態で皆様の前に登場します。

「血色の瞳をした侵奪者から世界を救う」

セージはいずれ訪れる滅亡を阻止するため自らを封印したが、

彼の予想に反して古代文明が滅亡した後に目覚めることになった。

セージはなぜ今、その姿を現したのだろうか?

 

「セージの戦闘方式」

自ら造り上げた特殊な物質「カイヴ」と魔力を制御する「タリスマン」を使うセージは、

自由に形を変換できるカイヴを利用し、時間と空間を捻じ曲げて強力な物理力を発生させる。

遠距離攻撃で敵に強力なダメージを与えることができ、隙を狙って近付いてくる敵を妨害する。

また、瞬間的に素早く接近したり離れることもできるため、最前線で戦闘の流れを変えることも可能だ。

このように多芸多才さを見せるセージは、時と場合に応じて様々な役割を果たすであろう。

 

長い歳月を経て運命の砂時計が再び動き出した。

この世に舞い戻ったセージの活躍をその目で確かめよ!

 

最後の古代人

新規クラス「セージ」が3月24日、黒い砂漠に舞い戻ります。どうぞご期待ください。

冒険者の皆様の温かいご声援をお願いいたします。

コメント 2
top