コミュニティ

#初心者冒険者 #攻略
はじめてのメインストーリー【バレノス編】
海老名茜 2022-01-08 19:16
752 0 5 3
最近の修正日時 : 2022-01-24

こんにちは、えびっちゅあです。

前回からの投稿が空いてしまいましたが、続きを書いていきます。

前回のやつはこちら

前回の記事ですが、なんかめっちゃ見にくいなって思ったのでちょっとレイアウト変えてみます。

もう少しエディターで使える機能増やしてほしい……もっと言えばタグ編集できるように……。

 

というわけでスタート!

バレノス西部の旅路

 

前回、不躾にもえびのことを友と呼んだ塩顔イケメンのエダン。

彼と話した後、小さな木の精霊オオカミの二種類のモンスターを倒すことになります。

親切なことに、こやつらは同じ場所にいます。光の道に沿って走り探しましょう。(忘れてたので別キャラで撮影してきました)

ちなみに上の画像には靴のマークに上向きの矢印がついているアイコンが見えるかと思いますが、これは移動速度バフです。これのおかげでめちゃくちゃ速く走れます。クエスト報酬で攻略に有利なバフが付くことがあるので、「ここまで行ったからとりあえず一旦休憩~!」ってすると消えてしまうことがあるため、しっかりとクエスト報酬はご確認を!(別になくてもクリアはできますけどね@@)

 

無事に木の精霊とオオカミを退けた冒険者は、その後成り行きでインプを倒すことになります。

ここも光の柱に沿って走ればインプの存在している場所へ辿り着きます。

 

西部警備キャンプの兵士フェイニアの窮地を救い、キャンプで待っていた将校クリフからの依頼を受け、とにかくとにかくインプをボッコボコにする冒険者。

そんな冒険者にヤミ―が語りかけます。

「オマエ、そんなに荷物がいっぱいで大丈夫なのか?ヒヒッ!オレがオマエにプレゼントをやるよ!」

と、バッグのマスを拡張できるアイテムをくれます。ヤッサシー!

バッグマスは黒い砂漠をプレイするうえでめちゃくちゃ大事になるため、ここはありがたく頂戴しましょう。ちなみに、このバッグ拡張は獲得した瞬間にキャラクター依存になるので、GETしたら他のキャラクターに渡してキャラクターを作り直して無料で最大マスだぜ!ってことはできません。

旅を進めていくうちに要所要所で増やすアイテムがまた貰えるので、頑張った冒険者へのご褒美ってワケですね。

その後も西部警備キャンプの兵士に頼まれ、インプを根絶やしにしていく冒険者。

そんな時、ヤミ―がよくわからないオーラが感じられると耳打ちしてきます。

ヤミ―の案内に従って辿り着いたのはインプの洞窟。

右端の暗い場所にリトルノーズという小さなインプがいました。

「ヒッ!に……人間!?あ……あっちへ行け!た、隊長に怒られたく……ない!!」

とすごい剣幕で洞窟の真ん中にある岩を指さします。

そこには彼らのボス、レッドノーズの情報が書かれていました。

舌なめずりするヤミ―と共に、冒険者は得物を構えて洞窟の外へ歩みだします。

洞窟の外にはウノという名の老齢のシャイがいました。

顔がめっちゃ怖いので、初心者時代の私はモンスターだと思ってとりあえず剣を振り回してました。そんな私も今では研究生。ここは冷静に対応します。怖いけど。

この辺りにレッドノーズが潜んでいるっぽいので、「とりあえず周りのインプを一切鏖殺すれば出てくるんじゃない?」という脳筋理論に従い、数十体のインプの命を刈り取ります。

現状だと、そこまでインプ達が悪いことしてるように思えないので可哀想に見えるかもしれませんが、意外とこいつら馬車襲ったり家畜や人を殺めたりしてるので一切の遠慮なくインプスレイヤーしちゃってください。

 

もはやインプの返り血なのか、自分の血なのかすらもわからない程に血まみれになりながら、

インプを殺しまわっていると先程出会ったリトルノーズが木の影に隠れてこちらを見ていました。

そして、にこやかに話しかけたのに何故か怯えながらボスの居場所を吐きました。

なんだか気分は悪者ですが、冒険に犠牲は付き物です。

ヤミ―の案内に従って謎の黒い亀裂に手を伸ばします。

 

うわなんか出てきた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

現れたのは周りのインプよりもはるかに巨大な身体の怪物。手に持っているのは骨で作られた巨大な剣。

そしてなによりも目立つのは一見、滑稽に思えるトレードマークの大きな赤い鼻。

そう、コイツがインプ達のボス、レッドノーズです。

その恐るべき膂力から繰り出される剣での一撃は、西部警備キャンプの兵士の鎧をまるで豆腐のように易々と叩き斬るため、非常に恐れられています。

 

戦闘開始!!!

 

 

 

 

 

 

 

しかし、闇の精霊を宿した冒険者の前ではその破壊的な大剣による攻撃も、巨大な体躯から繰り出されるボディプレスも通用しませんでした。

逆にレッドノーズを翻弄していた冒険者は、彼の生命力が半分を切ったときに見せる漆黒の本気モードですら手玉に取りました。

 

【攻略メモ】

レッドノーズは大剣の振り回しとボディプレスによる攻撃を仕掛けてきますが、貰った武器と防具をしっかりと身に着けていれば大した脅威にはならないでしょう。

HPが50%を下回るとレッドノーズが本気になります。なんか黒くなります。これは闇の精霊に身体を譲り渡して暴走状態になっていると解釈していますがどうなんでしょうね。

とにかく、黒色になったら敵の動きが速くなります。が、やはり最初のボスだけあって適当に殴っていれば倒せちゃいます。

ちなみに背中から攻撃するとバックアタックという特殊ダメージが適用されて与えるダメージが増えるので、もし倒せないことがあれば、攻撃を回避したあとに背中から攻撃することを繰り返すといいかもしれません。

 

というわけでレッドノーズを倒したら祭壇の後ろにクリフ隊長が兵を率いて立っています。

彼に話しかけると「急いで兵を集めてきたけど着いたらなんか終わってたぜッ!冒険者ちゃんしゅごい!英雄の誕生!しゅご~~~~い!!(意訳)」とべた褒めしてくれます。

冒険者はたった一人でここにいる十人くらいの部隊よりも強いってことが証明されてしまった瞬間でした。序盤で既に強さのインフレが始まっています。

その後、インプを裏切ったリトルノーズの処遇をどうするかという話になり、ロッジア農場へ足を運びます。そしてその足で美しい海岸に隣する小さな村、べリア村へと冒険者は辿り着きました。

 

バレノス東部の旅路

新規冒険者の方も、そろそろ冒険に慣れてきた頃ではないでしょうか。

ということでここからちょっと駆け足になります。

なので決してスクショを撮ることを忘れていたわけではないです。

 

新規冒険者の方も同じ表示が出るかわかりませんが(多分出ない)

今回は普通にメインクエストを進めていくので左側を進行していきます。

右側は何度も同じメインクエストやるのすっごく大変!っていう熟練冒険者向けの選択肢です。

 

べリア村に着いた冒険者はアルスティンという高名な錬金術師に会い、ここから物語が始まっていきます。暗いオーラを持っていることを看破されましたが、特にアルスティンは咎めることもなく、娘のエイリーンに会うように促しました。

というわけでここでワンポイントアドバイス。

このエイリーン、話の都合で絶対に通らないと行けない道ですが、メインクエストと同時にクエストを受けることができます。要するにサブクエストですね。

これの報酬が例のバッグマス拡張アイテムなので、絶対にやっておきましょう。

ちなみにクリア方法は、エイリーンのすぐ後ろの丘に寄生蜂というモンスターがいるのでそれを一匹しばくだけです。簡単なのに報酬が美味しいのでついでにやっちゃうことをおすすめします。

その後は、黒いオーラに侵食されたピエロを倒したり、納骨堂の謎に触れたりしてクエストを言われるがまま進めていきましょう。

しばらく進めると、イゴール・バルタリという毛根が可哀想なことになっている人が現れます。

この人がべリア村の村長です。

関連して、この近くの旅館の中から人を探して話を聞くクエストがありますが、人が多くてわかりにくいです。〇しておいたので、この人を探せばとりあえずクリアとなります。

 

ちなみにもちゃ村の村長であるもっちゅあはバルタリのお手伝いをしているという設定らしいですはい蛇足。

また、しばらくクエストを進めていくとグリシャというゴブリン人間、いや……人間ゴブリン?

……とにかく形容がしにくい謎の人物が現れます。

グリシャは村をゴブリンから守るために単身潜入任務を行っているそうですが、一緒に暮らしているうちに自分がゴブリンだと錯覚してきてしまっている可哀想な人です。人間の善人である以上はサクっと殺すわけにもいかないのでとりあえず話を聞くことになります。

すると、出ました。依頼の分岐です。

これはゴブリンの住む略奪の森を舞台にした3通りのストーリーが楽しめる分岐依頼となります。

人間としてのグリシャからゴブリンを殲滅する依頼を受けるかグリシャをここまで狂わすゴブリンについて調べるか。あるいは彼らゴブリンのボスとされているギアスの正体について秘密を探るか

このいずれかを選び依頼を進行していく形となります。1キャラクターにつき、どれか一つだけ進行が可能ですが、複数のキャラクターを用いれば違うストーリーを体験することができます。

因みに私のお気に入りはギアスのストーリーです。こういう救いのないやつ、いいよね。

いずれのルートであってもギアスを倒す結末は変わりません。

あくまで、そこまでの経緯が異なる形ですね。

レッドノーズ同様、序盤のボスなのでそこまで脅威ではないですが、魔法を使ってくるので燃焼状態になる恐れがあります。

レベルも上がり、新たなスキルや威力の上がったスキルを使用できるようになった頃だと思います。サクっと倒しちゃいましょう。

※スキルのメニューを開くには[K]キーを押しましょう。SPと呼ばれるスキルポイントが貯まっていれば習得できるスキルのアイコンが光っていると思います。とりあえず最初のうちは取れるものは取っちゃってOKです。

 

【攻略メモ】

レッドノーズと正直、そんなに難易度は変わりません。

レッドノーズと違う点は炎を扱うところです。少し離れたところからも攻撃してくるので注意しましょう。炎と剣の攻撃を上手くいなしつつ、致命の一撃をお見舞いしてあげてください。

HPが50%を切るとレッドノーズ同様、黒いオーラに侵食され、真の姿を現します。

その正体は……実際にゲーム内で確認しましょう!

さて、そろそろいいレベルになってきたのではないでしょうか。

シーズンキャラならシーズンパスという成長要素があり、達成できると豪華なアイテムが手に入ります。

最初はLv10達成でクリアできるので、もしかしたら既に表示されていて受け取りされているかもしれませんが、これからもメインクエストを進めていくと達成ができるので欲しいアイテムを目標に成長するのもいいかもしれませんね。

ちなみに右側は課金して有料のパスを買うと貰えるようになります。お値段599パール!およそ3,000円ですが、進めるだけで課金アバターが手に入ったりバッグマスが拡張できたりするのでめちゃくちゃお得です。

もし、黒い砂漠が気に入って長くやろうかな~と思ったら、最初の課金先としては間違いないと思います。

 

BALENOS
THE CASTLE
強硬突入 クロン城

いよいよバレノスのメインクエストも大詰めです。

ギアスを倒した冒険者はべリアの納骨堂にあった謎のキモイどろどろの謎を解くためにクロン城へカチコミします。

クロン城の裏手の洞窟で幽霊に出会ったあと、クロン城に殴り込みに行くわけですがその際にテントを燃やすのと、作戦指令所を盗むクエストがあります。

これは入り口にあるテントやちょっと進んだ先で偉そうに突っ立っている兵士に[R]キーで相互作用すると勝手に燃やしてくれたり盗んでくれます。

何か特別なアイテムが必要なわけではないので、安心してください。

ヒャッハー!!!!!!

汚物は消毒だァ~~~~~~~!!!!!!!

そして先に進むと何やら怪しい物体があります。

これに話しかける(?)とワープしてクエスト完了となります。

ちなみにここめっちゃ高いですよね。

黒い砂漠は落下時にダメージがあります。

ある程度なら冒険者は生命力が異常なので耐えてくれますが、これくらい高いと普通に即死します。

死んでしまったら拠点復活村復活というボタンが出てきますが、拠点復活というのはクロン城や略奪の森といった一番近い拠点で復活し、村復活はその名の通り現在地から一番近い村で復活することになります。ただし、国境は越えません。

エリアンの涙というその場で復活できるアイテムもありますが、結構配られるとはいえちょっと貴重なので最初のうちは使わなくてもいいかもしれません。

あ。

という夢を見ました。

 

秘密の場所から戻ってくるとビードルを探す必要があると表示が出てきますが、普通に目の前にいます。隠れてないじゃん。

ここからはクロン城にいる兵士を殺しながら脱出することになります。さすがに人間相手なので良心が痛むかもしれませんが、やらなければこちらがやられてしまいます。

 

逆らう者はすべて殺せ。

ちなみにビードルくんは途中で冒険者のことを待っています。

先にさっさと降りてくれればいいのに

 

一気にずるして降りると、あとでビードルくんを探しに行かなければならないので、ここは正攻法で光の道に沿って走りながら進めてください。

クロン城から脱出する途中、背後から謎の騎士の奇襲を受け、ビードルくんが冒険者を庇って命を落とし、形見の盾をべリア村が見える丘の上に建てた墓に供えることになりました。

 

などということもなく、無事にクロン城から帰還した冒険者はバルタリ村長に報告すると、バルタリ一族の悲願がどうちゃらと褒め称えられます(ごめんなさい全然聞いてなかった)

その後、べリア村の忍耐を大事にしている鍛冶屋であるトラナン・アンダーフォーの元を訪ねると、なにやら彼の背後に白い服のお姉さんが……!

白い服のお姉さん……一体何ズラなんだ……!?

 

その後、べリア村のもう一人の雑貨屋であるクロリンスに報告するクエストを最後に、バレノスでの冒険は終わりとなります。

ここからはハイデルという都市を有したセレンディア地方での冒険があなたを待っています。

 

まだまだ広大な黒い砂漠の世界のほんの一部分だけの冒険でしたが、息を吞むほど美麗なグラフィックやスピード感ある戦闘をストーリーに合わせて体感できたのではないでしょうか。

ここからはご自身の目でどうストーリーが動いていくのか楽しみにしながら進めてみてください。

よき砂漠ライフを!

キャラクター名 海老名茜
代表キャラクター ツバキ
Lv 62
top